>  > 関西ヤバイ街 ランキング
ランキング

関西ヤバイ街 ランキング

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関西ヤバイ街 ランキング


第1位 大阪 ・ 西成 (JR新今宮駅)

日本で唯一暴動が起きた町。通称「ドヤ」と呼ばれる宿泊施設は、いまでも一泊千数百円で寝泊まりすることが可能。そのドヤには全国から身元不明の人間や世捨て人が多く集まっている為、誰も素性を詮索しようとはしない。その為、指名手配された犯罪者も多く潜伏している。未だに至る所にあるドヤでは誰でも簡単に売人から覚醒剤を入手することが出来る。県外の警察官が現場検証に行きたくない町としても知られている。


第2位 兵庫県尼崎市 守部・水堂 (阪急武庫之荘駅)

阪急武庫之荘駅から南西に位置する地域。水堂町には朝鮮中学校があり、市内の不良中学生からは恐れられていた。通称、守部と呼ばれた地域には、守部団地と呼ばれる団地があり、他府県人はおろか同じ尼崎市民ですら迎え入れようとはしない風土をもつ。守部団地の前に他府県ナンバーの車両を停めようものなら、中のものは全てなくなり、おまけでフロントガラスも割られるという被害が過去に続出。
団地の最上階から、植木鉢やハサミを放り投げてくることが多々あった地域。


第3位 尼崎市・杭瀬 (阪神杭瀬駅)

杭瀬を一躍有名にしたのは、死者多数を出した角田美代子の尼崎事件。角田美代子らはこの杭瀬を根城に事件を巻き起こしている。尼崎市内でも杭瀬という地域は、疎外されたように置き去りにされてしまった町となっているために、ここで起きた出来事はなかなか外へと伝わりにくい。そのために角田美代子らの事件は、公になるまで時間がかかり、被害が拡大していった背景がある。


第4位 大阪・生野区 (JR鶴橋)

生野区の桃谷周辺はコリアタウンと呼ばれており、以前は朝鮮市場の愛称で地元住民から親しまれていた。この辺り一帯が猪飼野と呼ばれ、在日朝鮮人らで愚連隊が結成されたことは有名。


第5位 神戸・長田 (地下鉄長田駅)

阪神大震災の被害に見舞われた地域。その復興により街並みは随分と様変わりしたが、以前は中学生の子供まで「長田にいけば死体が埋められている」と平気で口にしていた地域。長田番町から山口組で名を馳せた親分衆らを多く輩出している。


第6位 兵庫県西宮市森下町 (JR西宮)

JR西宮駅から北側。関西でもっとも規模の広い部落地区として有名。通称「芝」。元々は長屋や平屋が多く密集していたが部落解放同盟の運動で軒並み市営住宅に建て替えられる。これによって地元の建設業者は立派なビルが建つまでになった。ただ住民の質は変わっておらず、夜には団地周辺を未だにフルスモークの車両が徘徊していることがある。


第7位 京都・宇治市ウトロ地区 (近鉄京都線 伊勢田駅)

在日韓国人、朝鮮人の集住地域でウトロ地区問題で有名になった地域。京都府民は口を揃えて、ウトロ地区はガラが悪いから近寄るなと口にする。


第8位 大阪・岸和田 (南海岸和田駅)

だんじりで有名な町だけに祭り好きが多く、同時に喧嘩好きが多いことで知られている。岸和田のだんじり祭りでは、仕事も有給休暇が出るという都市伝説があるほど。他府県に出ている岸和田出身者たちもこの祭りにだけは帰京してくる。以前は岸和田競輪場周辺が部落地区と言われていた。


第9位 京都府・八幡 (京阪 八幡市駅)

国道1号線から山手と下手に分かれその治安も同じ。市内でも人間不信になるほどの異なりを見せる。山手は上層階級者が生活し、下手になるとヤクザ事務所などがあり、部落地区も存在している。スクラップ工場も多くあり、外国人が多く働いている。以前は隣町に赤線があったことでも有名。


第10位 大阪・大正区 (JR大正駅)

リトル沖縄と呼ばれるほど沖縄出身者が多く、沖縄の風土と大阪の風土を併せ持つ独特の町。沖縄県人出身者の連帯は強く、過去には大正区の全中学の不良で結成された暴走族「大正連合」が存在し、暴走族の中でも恐れられていた。


注・あくまで編集部が独自の調査でリサーチしたものです。

(R-ZONE編集部)