>  > ついに弾けた「餃子の王将社長殺害事件」の裏側② ー疑惑の人物ー
ゴルフクラブ

ついに弾けた「餃子の王将社長殺害事件」の裏側② ー疑惑の人物ー

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「餃子(ギョーザ)の王将」が全国展開させた際、メガバンクから約300億円の巨大資金を調達したと言われる人物が存在する。

それが福岡県出身の故・上杉佐一郎元部落解放同盟中央執行委員長だ。  

故・上杉執行委員長と王将フードサービス創業者・初代社長の故・加藤朝雄氏とは、同郷ということもあり、2人の関係性は誰しもが一心同体であったと認識している。

故・上杉執行委員長には勘当状態にあった異母弟にあたる人物が存在する。

その人物が26日に京都府警から任意の事情聴取を受けたX氏だ。

偶発的な事案でもない限り、土曜日曜という曜日にわざわざ当局が任意での事情聴取を行うことは少ない。それだけ今回の任意での事情聴取には、深刻なものがあったと言えるだろう。

ただ、これが初めての任意の事情聴取ではない。

13年12月19日早朝、当時、王将フードサービスの社長だった大東隆行さん(当時72歳)が射殺されたいわゆる【餃子の王将社長殺害事件】が発生して以来、X氏は京都府警から任意の事情聴取を受けている。

事件の背景について、何らかの事情を知っているのではないかと嗅ぎ付けた週刊文春もまた、X氏に直撃取材したことがあった。

その理由は福岡県内に設立させたゴルフ場が理由にあった。つまりそれが【餃子の王将社長殺害事件】の背景にあるのではないかと考えられていたのだ。

X氏が福岡県内にゴルフ場をオープンさせた際、王将サイドは惜しみなくその支援をしていたことは、王将が公表した第三者委員会の調査報告書でも明らかにされている。

その報告書によれば、X氏が福岡県内で設立させたゴルフ場では、王将の取引先などで発足された親睦団体「王将友の会」の親睦ゴルフ大会が開催されていたほどで、「王将友の会」の設立発起人はX氏であった。

王将が全国展開した際、故・上杉執行委員長は巨額な資金を調達しており、王将もまた、故・上杉執行委員長の異母弟にあたるX氏がゴルフ場の経営を行うと、尽力してみせている。それは持ちつ持たれつの関係性であったと言えるだろう。

その関係性に、亀裂が生じることになったのは、2人の死が原因であった。

そしてこれまでの王将が抱えていた関係性を遮断させるための急先鋒になって、大鉈を振るたったのが、射殺された大東隆行さんであった。

つまり大東さんは、社長に就任すると、これまでの不透明な金の流れを断ち切ろうと動き出したのだ。

そして事件は起きることになってしまった。

常識的に考えて、巨額な利権が動く関係性を、突如、大東さんの代で排除すれば、当然、何らかの事件が起きたとしても、おかしくはないのではないだろうか。現に大東さんは、射殺されてしまっている。

これまでの背景や流れを考察した際、裏側にはX氏が何らかの事情を知っているのではないかと、京都府警が推測してもおかしくないだろう。

だからこそ、当局サイドは【餃子の王将社長殺害事件】に、X氏に任意による事情聴取を行なっているのだ。

京都府警は田中容疑者の逮捕で幕を下ろす考えは持っていない。なぜならば、逮捕された田中容疑者と王将サイドに直接的な関係性はなかったからだ。

王将の射殺事件に使用された拳銃は25口径のイタリア式のリボルバーだと見られている。 

この拳銃と同様のものは、これまでに工藤會の武器庫を捜索した際に応酬されている。

仮に、田中容疑者が実行犯として関与していたならば、過去の事件から推測して、

何かしら工藤會が関与していたとしても、おかしくはないだろう。

京都府警は、田中容疑者が王将前・社長を射殺したと睨んでおり、田中容疑者が逮捕されただけでは幕を下ろするつもりはないだろう。

命令系統を明らかにさせ、事件の全貌を解決したいはずだ。

一心同体で培われた関係性は、2人の死によってX氏に引き継がれた後に崩壊し、それに端を発する形で事件は起きてしまったのかもしれない。