>  > 【激震】ついに弾けた「餃子の王将社長殺害事件」の裏側①
王将社長殺害事件

【激震】ついに弾けた「餃子の王将社長殺害事件」の裏側①

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


10月28日の夕刻、福岡刑務所から田中幸雄容疑者(56)を乗せた警察車両は厳戒態勢で警護されながら京都府警山梨署に入った。それは約9年もの間、デッドロックに乗り上げていたか見えた「餃子(ギョーザ)の王将」社長射殺事件が弾けた瞬間でもあった。

だが、この期間、警察当局に焦りがあったかと言えば、必ずしもそうではない。

なぜならば、既に当局は田中容疑者の身柄を別の事件(他の工藤会系組員ら2人と共謀し、大手ゼネコン「大林組」の社員が乗った車に銃撃した事件)でとり、福岡刑務所に服役させていたのだ。

つまり身柄は既に拘束していたので、逃走される恐れはなく、じっくり勝負することができたわけだ。

事件当初から、地元の業界関係者らの間では、餃子の王将社長殺害事件は、田中容疑者が所属していた工藤會系の仕事ではないかと囁かれていた。それは福岡県警の刑事ですら口にしていたことだ。

「あれはもう警察も田中さんのことを口にしとりましたけんね。田中さんは口ば硬いことは有名でしたよ。ええとこの大学を卒業ばしとるはずです。私が知っとる頃はですね、工藤會の石田組で本部長ばやっとうたです」(田中容疑者を知る元暴力団幹部)

工藤會石田組とは、五代目工藤會で総本部を務める石田正雄組長が率いる組織で、石田組長自体、過去に組織のためにジギリ(組織の為に身体を賭けること)を賭けている。それが工藤會の中輿の祖、溝下秀男三代目工藤會会長に高く評価され、溝下総裁の実子分となり、石田組は溝下組が前身組織となる。溝下総裁の死後、石田組長は、それまで名乗っていた溝下の性から元の石田の性に戻し、それに伴い率いた組織も溝下組から石田組に名称を改名。その石田組で当時、本部長を務めていたのが、某大学を卒業後に公務員などの職につき、現・石田組の門を叩くことになったと言われる田中容疑者と言うことなる。

今から19年前。田中容疑者は福岡市東区二又瀬新町のパチンコ店 「マルハン二又瀬店」にトラックを突っ込ませたことがあった。当時の取調べの際、田中容疑者は容疑を認め「店側に『あいさつに来い』と求めたが、来なかったのでやった」供述しているのだが、詳しい背景などは語っていない。

あくまで、田中容疑者が営業をするならば、挨拶にこいとパチンコ店に対して言っているのに、一向に挨拶に来なかったのでトラックを突っ込ませた、と言うのだ。

仮にだ。そこで組織的背景があったとすれば、田中容疑者のそうした態度は、口のかたい男だ、と周囲に評価を得たとしてもおかしくなかっただろう。

結果、そうした経緯が田中容疑者をヒットマンのようなポジションに位置付けすることになったのだろうか。田中容疑者を知る前出の元幹部は話す。

「あそこは工藤會自体がですね。誰がどうとかこれがどうとかいうのではなく、みんながヒットマンというような組織やったですからね。カタギさんは怖かったと思いますよ。ヤクザ同士のケンカやったら話しは別やろうけど、カタギさんは怖かった思いますよ」

ヤクザ同士のケンカなら話しは別と元幹部が口にするには、多少の訳があった。それは工藤會が本拠地を置く福岡県内のヤクザ業界では、必ずしも工藤會がもっとも危険な組織として日本で唯一「特定危険指定暴力団」に指定されてるいるので、凶暴で特別と見ていたわけではない、という認識があるからではないだろうか。

九州で活動するある幹部は、過去の工藤會について、このようなことを口にしている。

「あそこはカタギと身内ばかりに手をかける」

それは逆に言えば、一般市民にも何か平気で手を出すことがある組織として、恐怖を与えていたことになるだろう。

それを国家に対する挑戦、テロだと見た福岡県警は立ち上がり、国家権力の威信にかけても工藤會壊滅作戦を展開させ、過去の事件を次から次に掘り起こし、トップである野村悟総裁と五代目工藤會田上不美夫会長ら最高幹部を一斉に逮捕してみせ、組織の勢力を弱体化させた。

そうした影響は、刑務所の中で服役中だった「口がかたい男」と業界内で知られる田中容疑者の心情を揺れ動かすことに繋がっているとしてもおかしくないのではないだろうか。

なぜならば、田中容疑者は餃子の王将社長殺害事件に関与した疑いがあるとして、福岡刑務所から引き戻され逮捕された際の取調べに対し、雑談には応じているものの事件については黙秘している。

つまり「関係ない」「やっていない」と否認しているわけではないのだ。

これまで京都府警の捜査員はさまざまな状況証拠を丁寧に積み重ねているだけではなく、福岡刑務所に服役中だった田中容疑者のもとに向かい、事情聴取を重ねている。

これは野村総裁と田上会長ら首脳陣を殺人や組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)などで逮捕したときと同じ手法だった。事件を丹念に洗い直す一方で、実行犯として逮捕され、無期懲役が確定し服役中だった組員らの元に捜査員を派遣し、事情聴取を行なっていたのだ。

そうした中で、捜査員から聞く工藤會の現状について、田中容疑者はどう感じていたのだろうか。

そして、これならば積み重ねきた状況証拠と合わせて逮捕起訴したとしても公判を充分に維持できるという手ごたえを掴んだ京都府警は、デッドロックに乗り上げていた王将社長殺害事件を一気に解決させる為に動いて見せたと推測できる。

田中容疑者のわずかな心の機敏に「おとせる」、

つまりは事件に関係する供述を取れると踏んだのではないか。

「ただですね、この王将事件は三代目時代まで掘り起こすことになると言われてます」

工藤會には、2つの派閥があったことで知られており、一方の派閥は野村総裁が組長を務めた工藤組田中組派閥と故溝下総裁が若頭を務めた草野一家派閥だ。工藤組と草野一家は、工藤玄治組長と草野高明総長の間で、思いの行き違いが生じてしまい、激しい抗争を繰り広げることになった。

それを一本化させたのが工藤會の中輿の祖のと言われる溝下総裁なのだが、溝下総裁の死後、工藤會は田中組派閥が支配することなる。

溝下総裁が亡くなったことで、それまで保たれていたパワーバランスが一気に傾き、田中組派閥による粛清が始まったのだ。

溝下総裁が創設させた組織の跡目を継ぎ、工藤會の重職を務めていた組長は服役中に組織から処分され、出所後に射殺されている。他にも溝下総裁の側近が殺されるなど、傍目にも過去の遺恨が完全に払拭されていないことが表面化することになったのだった。

そうした経緯の中、石田組長はこれまで名乗っていた溝下の性を石田の性に戻し、溝下組から石田組に名称を改名させている。

これまでの一連の事件は、野村総裁の率いる田中組派閥の事件が多く関与していたと言われており、現会長の田上五代目工藤會会長も野村総裁に田中組の跡目を継受された後、同じく野村総裁より五代目工藤会長を継承している。

そして組織のNo.2にあたる理事長の菊池啓吾組長が五代目田中組の当代となり、野村総裁や田上会長や他の最高幹部同様に現在、社会不在を余儀なくされている。

だが、石田組長は多くの最高幹部が社会不在を余儀なくされている中で、総本部長の重責にありながらも逮捕されていない。その理由を紐解けば、田中組派閥ではなく、石田組長はもともと溝下総裁の実子分になったほどの人物なので、溝下総裁派。つまりは草野一家の派閥に近かったからではないだろうか。

三代目時代まで掘り下げなければならないと元幹部が口にした言葉から考えると、仮に王将社長殺害事件が工藤會の組織的犯罪であるとするならば、日本で一番、凶悪なイメージを与えた工藤會の現在の本流。田中組派閥による犯行とは、また違った側面が存在するのかもしれない。

では、どうして王将社長殺害事件は起きたのか。

工藤會と王将が親密な関係にあったかと言うと、そうではないだろう。

そこで登場するのが、ある人物。ここではその人物をXとしよう。

Xの亡き親族と王将の創立者は一心同体という関係性で、王将を全国展開させるのに尽力した人物と言われている。

そして、2人の死後、あるゴルフクラブを巡り、大きなトラブルが発生することになっていくのだった。