>  > 暴露系YouTuberとインタ-ネットが生み出した歪み
暴露系

暴露系YouTuberとインタ-ネットが生み出した歪み

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image0.jpeg
現在、ネット界隈が異常な騒ぎを見せている。

その原因は、「ガーシーch【芸能界の裏側】」がぼうぼうと燃え盛っているからだ。

先日の配信では、城田優に爆弾を落とすとして、女優の西内まりやさんを襲った投資詐欺を言及。好き放題の言動は凄まじい勢いで、回り続けることになった。  

これまで、あくまで芸能界に人脈があるというポジションから、初めて東谷義和氏ことガーシーが、スポットライトに照らされた瞬間だった。

だからだろうか。一般人から逮捕者を出す可能性がある!としながらも、事件がその後どうなったか分からない、多分、犯人は、刑務所に行っているなどと、支離滅裂な言動が目立つことになった。

そして翌日の城田優と交わしたLINEを披露、これが投資詐欺の真相だ!と鼻息荒く巻くし立てた割りには、記事のリンクを貼り、他に騙されたアーティストや俳優って誰やろねっ?と疑問を述べている。真相を知ってるのではないのか...。

まるで2人のやりとりは、恋人同士というか同世代の仲の良い友人同士に見える。

それは何も城田優だけが特別かといえばそうではない。LINEのやりとりを晒した人物らとの会話は、だいたいそんな感じなのである。

「ガーシー寝てた?」

申し訳ないが、朝の4時にだ。年端もいかない娘さんから親族でもないのに、呼び捨てでタメ口で叩き起こされたら、「寝てたよ〜」とは、私なら絶対にならない。とてつもないアクシデントでなければ、「オドレこら!今、何時やおもてんねん!だいたいなんでタメ口なんじゃ!!!」と始まることを、私の周囲の人間なら、誰しもが知っている。

そのあたりにガーシーは恥じらいがないのだろうか。

話しを戻そう。西内まりやさんの投資詐欺だ。

これが真相だ!と言い切ってる相手に、少しこんなことを言ってしまうのは、気がひけるが、私はすまん。誰なんだろうね?とガーシーがいう実名を報じられなかったアーティストも若手俳優も知っている。

なぜだか分かるか。簡単である。取材を手伝い媒体のテーストに合うように、記事が作成されていることを知っているからだ。

これを事件スクープとして週刊紙で報じたのは、現在、週刊文春に告ぐ、売り上げ部数を誇る女性セブンである。

セブンで私は、アカデミー賞監督の藤井道人氏やドラマ「ムショぼけ」でヒロインを務めた武田玲奈ちゃんに、木下ほうかさんと対談しており、もう1人のヒロイン鳴海唯ちゃんとは、同じく投資詐欺を報じたニュースポストセブンで対談している。

私の小説「ムショぼけ」の書籍担当は、女性セブンの編集長代理でもある。

そしてもっと言えば、まるで投資詐欺の犯人を探すために、城田優の承諾を得て、ヤクザを使ったように話しているが、それは間違いないのだろうな。全部、ガーシーが全て手仕舞いしたのだな。

だったら、私に犯人を探して欲しいとあるルートを通してきたこれは、何かの間違いなのか。

image1.jpeg

ところでガーシーは、困ったときに連絡すらしてこないから全部、暴露してやると言っているが、去年暮れに関西へと帰ってきてから大阪で卓を囲んでいた麻雀仲間は、現在、ガーシーと連絡をとれなくなったと言っているが、芸能人でなければ連絡せずとも良いのか。

プライバシーの侵害があるので職業は触れないが、連絡がないから怒り出し、さまざま暴露しても、それはガーシーが薄情だからと反省するのだな。何を言われても構わないのだな。

向こうも困っているぞ。事実はどうでも良い。去年暮れに、その大阪の麻雀仲間から、私の後輩になんて連絡があったか知っているのだろうか。

事実は知らないし興味もない。ただこういうことを聞かれたと言っているのだ。

「東谷って知ってる?」

後輩が理由を聞くと新田真剣佑やRADWINPSのギター桑原を筆頭に芸能人からお金を引っ張って、焦げ付かせて大阪に戻っている。今は麻雀仲間であると告げられのだ。事実は知らない。

後輩は「行儀悪い奴なので気を付けてください。」と、これまでの盗難車の売買疑惑を踏まえて、その人に忠告している。もう一度いう。

事実は私も知らない。だか少なくとも私はそう報告を受けている。

それとガーシーはあくまで芸能人の周辺者なだけで、作品作りについては無知なので、知らないだろうが、そんな簡単に映画やドラマがガーシーのYouTubeの発言で潰せるならやってみてはどうだ。

どれだけ、作品作りは過酷か知らないから言えるのだろうが、理由をつけて余りそんなことはいって良いと思っているのか。

少しは考えるべきではないのか。私はそう思うがな。

ところでYouTuberのヒカルなら、会えるのか。

だったら私も会ってみたいものである。

少なくとも詐欺や焦げ付かせいる金の返済を、これまでの人間関係を裏切ってまで得た収益で、返済されても、誰も私は喜ばないと思うぞ。

余談だが、違うYouTubeのアカウントの動画で名刺を晒されたテレ朝青木に、その昔、取材のノウハウを教えたのは他でもない。私である。