>  > 【追悼】友へー 一部の節操のない記者たちへー
一部の節操のない記者たちへ

【追悼】友へー 一部の節操のない記者たちへー

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image0.jpeg

彼の死で今回、私は強く感じたことが2つあった。一つはSNSやYouTubeだ。情報化社会において、今やSNSは必要不可欠となっている。

個人的に私はSNSの中でもTwitterがすごく嫌いで、その想いはドラマの中にも小説の中にも投げかけている。劇中歌の中にもだ。

Twitterの瞬発力は確かに今の時代とマッチしいる。Twitterが世論となり、反響が起きることもあるのは事実だ。嫌いだと言いながらもプロモーションとしてのツールとして私も現在、使っている。

だが、TwitterやSNSで見ず知らずの人間を蔑ませたり、ネガティブイメージを定着させれても、いいねの数やリツイートの数で、実際に困っている人を救うことはできない。それはどれだけ世の中が変わってもだ。

私は彼の死で今回、改めてそれを再認識させられた。

そしてもう一つは週刊誌だ。年々、時代とともに週刊誌は衰退の一途を辿っている。

これが時代の流れというものなのだろう。

だがそれだけが本当に原因なのか。

今回、私は彼の死が世間に広まり始め、知り合いの新聞社や週刊誌の記者から電話があった。

最初にーご冥福をお祈りしますーと言われたあと、取材だけについては、日頃お世話になっている記者たちにも全て、今そっとしていて欲しい、と丁重にお断りさせて頂いた。

私も週刊誌で仕事をさせてもらっている人間だ。記者の立場だって十分に理解できる。

ーたかたが週刊誌がまた適当なことを書きやがって!ー

と言われれば、こちらの気持ちや苦労も知らずに、と頭にもくるし、闇営業問題時代には出版にも携わり、過去には週刊誌でも仕事をした経験があるコメンテーターらが、

ーどうせ反社からお金をもらって記事にしてんすよ!ー

と事実無根の発言をされ、芸人にはーなぜ、今更こんな動画出てきて理由が知りたい!なんなんだ!ーと言う発言をされたので、その番組のチーフプロデューサーと席について、話し合ったのも私である。

のちにそのコメンテーターは使わないと降板することになった。今では地上波で観ることはまずない。

TVで身勝手なことをいう芸人らにも、それならば私がいくらでも話してやる...ともなった。

なぜならば、私たちは私たちで、一生懸命に仕事しているのだ。

そこにはそれぞれ自負も矜持もプライドもある。バカにされれば、だったらとことん書いてやる、と誰だって思わないか。

そのくせ、自分たちの宣伝としては利用するのだ。それは筋が通らないだろう。

ただ、その原因も週刊誌側。一部の節操のない記者らのせいであるのも事実だろう。

今回、彼の死を扱ったのは、警視庁三田署であった。三田署はその場で自殺と判断しているのだが、警察発表をしないとしていた。そのため、マスメディアが彼の死を三田署が扱っていることをまだ、月曜日の時点では掴めていなかった。

そうした中で、ある記者から連絡があった。

要約すれば、生前、彼をー2度取材させて頂きお世話になったので葬儀が行われるのなら、是非、参列させて頂きたいです!ーと、いった内容だった。

そのため私は彼に三田署に行けば確認できることなど、さまざまなことを伝えた。

それが媒体名などは書かないが、彼の死を1番に記事にしたところである。

そもそもその記者とは、過去に取材を申し込まれたことで知り合い、ある程度の意思の疎通は図れていたと思っていた。

だが、媒体が変わると一切、連絡しても電話にすらでなくなり、2年後また今の媒体に戻ってくると、何の悪びれもせずに、ご無沙汰しております!と連絡するような性格だった。

それを知った同じ職場の同僚が、私にいつも謝罪してくれていたことなど、その記者はもちろん知らない。

そのあともその記者は、彼の周りにTwitterなどのDMを送って取材しよう、と懸命だった。

そのスクショが私に届けらるのだ。

嫌悪感しかなかったが、その姿は本当に故人を偲んでのものと言えるだろうか。

それを指摘すると、各メディアの誰が見てもー失礼と口を揃えるー謝りかたであった。

媒体名や記者の名前を記さないのは、せめてもの情けではない。

そんな不毛なやりとりをしても、彼が生きかえることはないからだ。

ただ私の知る彼は少なくともそういうことがあると、必ず私に連絡してきて、ひどく非難していた。

警察が発表しないと言っているのだ。もう少し人としての配慮が必要ではないのか。

そういう一部の記者がいることで、週刊誌が蔑まれたり、ひいては週刊誌の衰退の一因にもなっているのではないか、と彼の死で私はそう感じさせられた。

紙媒体の衰退を時代のせいだと嘆くのではなく、刺すときはもちろん刺せば良い。私も何度もバカにされれば抜くときは徹底的に抜いて、どことでも向かい合うし、そうしてきた。

ただ、忘れてはいけないのは、それを読者が望んでいるかどうかだ。対象者を置き去りにした不毛な戦いの先にあるのは、衰退だけである。

また私が、ー気にいらないーと言い出してること知れば、彼は何と言うだろうか。

書くということは当たり前だが、苦しくもあり辛くもある。理解されないことや誤解されることだってある。

彼の死で3日間まともに寝れなかった。

だが、私はしぶとく生きてペンを握り書き続ける。それは誰のためにでもない。私は私のためにだ。

「沖田さんらしいですね〜」

と、彼はいつか言ってくれるだろうか...。

(文・沖田臥竜)