>  > 和歌山の資産家「紀州のドンファン」と毒女 (文・沖田臥竜)

和歌山の資産家「紀州のドンファン」と毒女 (文・沖田臥竜)

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

和歌山県田辺市で2018年5月24日。会社社長、野崎幸助さん(当時・77)を、致死量の覚醒剤を摂取させ、急性覚醒剤中毒により殺害した疑いが強まったとして、殺人と覚醒剤取締法違反で東京都品川区の須藤早貴容疑者(25)が逮捕された。
事件発生から3年。ようやく犯人逮捕に至ったその背景とは。


◯毒女

我々は女を22歳(事件当時)の小娘と、少しばかり侮っていたのかもしれない。早貴は、本物の毒女だったのではないだろうか。

事件が起きた2018年当時、夏には犯人を括るという情報が業界内で流れ、慌ただしくなっていた。その当時から、容疑者として捜査線上に浮上していたのが、逮捕された早貴であった。 
ただ、事件発生当初、他に疑惑の目が向けられた人物が2人存在している。その2人とは、マスコミ内で番頭と呼ばれた人物と家政婦さんであった。

憶測は様々な妄想を膨らませることになった。
何せ早貴は、まだ22歳なのだ。資産金を相続するために22歳の女が自らの意思で、男性に大量の覚醒剤を口から飲ませ、殺すことが果たしてできるのか。この疑惑が、誰しもの推測を鈍らせていた。結果、当局も慎重を期さざる得なくなった。そこで消去法的捜査により、浮かんでは消えていく可能性と疑惑を、当局は徹底的に潰していくことになった。
それは必然として時間を要する作業となり、夏だと囁かれたXデーは、そのまま藻屑と消えていくことになる。

一方で、消えない仮説も存在し続けていた。その仮説とは、早貴はまだ22歳の小娘だ、必ず第三者の黒幕がいるはずだ、という説だ。それが人々の想像を掻き立たせるに充分な要素にもなった。
そして疑惑の目が、番頭と家政婦さんに根強く、向けらることにもなる。だが、取材した誰しもが一つの結論に導かれていったのだった。

ー2人とも白だー

まず家政婦さんだが、一時、家政婦さんについて直接的な関係はなくとも、周辺に覚醒剤と関与する人物が家政婦さんの周辺にいたのではないか。そこが入手経路となって覚醒剤を入手。早貴と一連托生で、野崎さんの殺害を企てたのではないかと、筋読みされたのだった。
その筋読みに現実と妄想が混同し、家政婦さんの旦那が、覚醒剤の逮捕歴があるようだ、となってしまうのである。

だが、それはただの誤りでしかない。旦那ではなく、家政婦さんが手伝っていた飲食店の実質的オーナーが、過去に覚醒剤で逮捕されたことがあり、執行猶予の有罪判決を受けただけに過ぎなかった。

では、その人物が事件に関与した線はないのか。この疑問はすぐに立ち消えた。それは家政婦さんが手伝う飲食店の実質的オーナーの素性であった。確かにオーナーには、覚醒剤による逮捕歴があったのは事実だった。だが、だからといって早貴との繋がりもなければ、動機もない。
仮にも実質的オーナーは、俳優や監督と言った活動もしており、且亡き父親は誰しもが知る大物役者。つまりサラブレッドだったのだ。
そして家政婦さんが患っていた病。そこを照らし合わせれば、嫌でも家政婦さんが、事件に関与していないことを説明するに事足りる理由があったのだった。

次に、マスコミ関係者から「番頭」と呼ばれていた人物だ。早貴の周囲にすぐさま浮上したのが、この2人だっただけに、番頭の素性も徹底的に洗われることになった。
野崎さん宅にこの家政婦さんを派遣していたのが、この番頭だった。
もしかすると、全てのストーリーは番頭が描いたものではないかとさえ、考えられた。くどいようだが、早貴は事件当時、22歳だ。単独で行える犯行ではないと、考えられたのだ。
実際、家政婦さん同様に番頭の元にも、各メディアが殺到することになった。家政婦さんが亡くなったのではないかと噂になった際には、番頭にその安否を、どこの記者も問い合わせたほどだ。
だが番頭にも家政婦さん同様に全く動機がなかった。
そして事件は次第に風化されることとなり、歳月を重ねていくことになったのだった。

それが再びざわつき始めたのは、2ヶ月前あたりからだった。

TVにも出るような有名ホストが携わるホストクラブで、早貴が豪遊しているなど、早貴の身辺が洗われ始めたのだ。
その状況からも関係者らの間で囁かれ始めたのが、ゴールデンウィーク明けにも、和歌山が動く。つまり早貴が逮捕される、という憶測だった。だがそれが28日。ゴールデンウィークを待たずして、早貴が逮捕されたのだ。
そこでも、全くこれまで捜査線上に浮上してこなかった黒幕説。早貴の男などが存在するのではないかと最後の最後まで根強く囁かれ続けたのだが、県警サイドは入念な捜査の結果。早貴の単独犯という確信を強めることになっていくのだった。


早貴の印象として、金に困れば躊躇が乏しいというイメージは確かにあった。それは一部で報じられていた早貴の元AV女優説だ。厳密に言えば、早貴は元AV女優ではない。単発的に一度だけ、AVに小銭欲しさからか出演したことがあっただけだ。ここがひっかかった。AVに出るとなると、普通は様々な葛藤や迷いが生じるはずだ。それを最も容易く、小銭に欲しさに出演してみせている。
そこから吹っ切れてAV女優になるのなら、まだ理解が出来る。仕事だと割り切ってやっていると考えられるからだ。だが早貴は違った。一度だけしか出演していない。
この経緯が、早貴は短絡的に思い立てば本来、当たり前に女性が持つ、貞操観念が欠落しているのではないかという疑念であった。
それが大胆な犯行に繋がったのではないかと考えられていくのである。金のためならば、何でもすると言わんばかりにだ。

早貴がそうたやすくカンオチするとは、まず考えられない。物的証拠は出ていないのだ。それを踏まえて、県警は早貴が覚醒剤の売人と接触した確証をとり、もし本件の殺しで起訴できなくとも、簡単には身柄を離すことなく、覚醒剤で起訴し、そのまま本件の殺しの取調べを続けていく算段だろう。