>  > 映画『ヤクザと家族 The Family』が描く「現代ヤクザの現実」...家族も差別される異常さを浮き彫りに

映画『ヤクザと家族 The Family』が描く「現代ヤクザの現実」...家族も差別される異常さを浮き彫りに

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤクザ.jpg
 現代の「ヤクザのリアル」を追求した映画『ヤクザと家族 The Family』(監督・藤井道人)が1月29日に全国で公開されるが、すでに各所で話題を呼んでいるという。特に、筆者も含む、ヤクザの世界に身を置いた者や、そこを取材してきた者からすると、ドキュメンタリーかのような、人間たちの生臭さの映し出し方が秀逸に感じるのだ。

 では、この映画にはどのようなヤクザ像が描かれ、どういった点がリアルなのか。それらを通して見える、現代に生きるヤクザの人権や問題とは一体何なのだろうか。

法的には認められたヤクザという存在

 どれだけ法規制によって権力から弾圧を受けようとも、反社会的勢力と位置づけ、社会から排除される流れになっても、今も日本という国でヤクザがヤクザとして存在しているのは紛れもない事実だ。

 基本的には地下に潜って活動する多く国のマフィアなどと違い、日本のヤクザは、その実態を隠すことなく社会に存在している。組織の看板を掲げた事務所を持ち、組員であることを内外の謳う者は少なくない。なぜ、そんなことが可能であるかといえば、ヤクザ組織を作ることやその組員であること自体は罪とはならないからだ。

 では、なぜ日本では、反社会的勢力と位置づけながらも、ヤクザであること自体を罪と定めないのか。それはヤクザと他国のマフィアとの質の違い。根底にある概念の違いではないだろうか。

 マフィアの場合、犯罪集団という体質がより明確化され、社会的合意を得ている。対して、ヤクザとは、あくまで任侠道の精神を神髄として生きる者をいい、その中で犯罪に手を染める者がいるのは事実だが、ヤクザ組織がイコール犯罪集団ではない。現に他国のマフィアに対しては、不良外国人として、国内での活動を阻止している自警組織的な側面も持つヤクザ組織も多い。

 だからといっても、その存在が正義であり、必要悪かといえば、そうではないだろう。だからこそ、当局はヤクザであることに対しては罰を与えなくとも、組員から生活の権利を奪うに等しい厳罰化を進め、社会からの締め出しを行い続けているのだ。

 だが、ヤクザからしてみれば、そもそもそれがどうしたという程度の話だった。ヤクザが暴力団と呼ばれて、一般市民から恐れられるようになったのは、昨日今日の話ではない。善か悪かで突き詰めれば、誰しもが悪だと認識としている。ヤクザになるということは、そうしたことを承知の上で盃を呑むのである。それが血さえも超える盃の重みであり、血縁関係すらも超える絆であった。

 たとえ太く短い人生だったとしても、任侠道にそって激しく生き、一瞬でも輝く瞬間があればそれでいいという刹那的な生き方こそが、ヤクザの生き方だったのだ。

一般的な社会生活を否定されたヤクザ

 だが、2000年代に入り各地で制定されていった暴力団排除条例は、そうした志向すらも打ち砕いている。ヤクザは、通帳も作れない、家も借りられない、ローンも組めない...一般的な社会生活を送ることを否定されたのだ。それは、本人以外、例えば世帯を持っていれば妻や子ども。親が生きていれば、親にまで累が及ぶようになってしまったのだ。

 本人がどれだけ覚悟してヤクザをやっていたとしても、妻や子どもにまで権力や社会の矛先が向けられた時、耐えることのできる人間がどれだけいるだろうか。本人のように当局に逮捕されることがなくとも、SNSの普及により、ヤクザの家族というだけで、社会的リンチを受けて、実生活に支障をきたすケースも出てくることになった。

 ヤクザはあくまで任侠道を真髄としながらも、それを貫くために信仰するべきものは、最後は暴力でなければならない。その身体と命をかけた暴力がバックボーンにあるからこそ、理屈やカネでは通らない話を通したり、解決しない話を解決させることを可能にしてきたのだ。その暴力が、犯罪行為であり、反社会的であるとわかっていながらもだ。

 しかし、現在のヤクザを取り巻く境遇を考えれば、ひとたび暴力を行使したり、違法行為を行えば、自身の家族すら非難の対象とされてしまう。さらに、家族を持つ以前に犯した罪さえも、SNSなどで晒され、次第には事実と異なる情報までもが錯綜し、何の罪もない、何の落ち度もない家族が居場所を失ってしまうのだ。

 では、誰が悪いか? SNSに書き込む者か? ヤクザと家族を差別する者か? いや、なにより悪いのは、ヤクザ渡世を選んだ本人だろう。それが嫌ならば、ヤクザにならなければよかったのだ。そして、家族を持つべきではなかったのだ。それ以下でもそれ以上でもない。人のせいや法のせいにしても、すべては愚痴でしかないのだ。だが、事実として、さまざまな事情から、ヤクザという世界を生きるしか、他に道がなかった人間たちがいたことも事実だろう――。

面白うて やがて悲しき ヤクザかな

 『ヤクザと家族』が描いているのは、まさにこうした「現実(リアル)」だ。ヤクザになることを選んだ、綾野剛演じる男の刹那的な生き方と、それを取り巻く人々や社会。物語の舞台は1999年、主人公がヤクザ渡世に身を投じるところから始まり、2005年、ヤクザとして輝いている瞬間が投影されている。そして、現世を迎える。

 芭蕉の句に「面白うて やがて悲しき 鵜飼かな」というものがあるのだが、誰が言ったのかヤクザ業界には、この句を焼き直し「面白うて やがて悲しき ヤクザかな」という言葉がある。

 現在のヤクザを投影するならば、定番のヤクザ映画のような暴力オンリーな作品は、リアルからはかけ離れ過ぎている。実際、暴力の最上級といえる殺人を犯せば、まずその人間は再び社会の地を踏むことができない。たとえば、ヤクザ同士の抗争といえども、暴力の持つ社会的な重みが明らかに変わりつつある中、非現実的な暴力描写の乱発はリアリティがあるとはいえない。観る物も興醒めしてしまうだろう

 そんな中で『ヤクザと家族』は、最後の最後までリアリティを追求し、現代のヤクザの実像を描ききった。こんな作品はこれまで見たことがない。『ヤクザと家族』の「以前」か「以後」ということは、今後、ヤクザ映画が語られる際の一つの基準になるのではないだろうか。

 そして、儚くも苦しく、それでもヤクザと家族のために、もがき苦しむ主人公の姿に誰しもが涙するはずだ。

■映画『ヤクザと家族 The Family』
1月29日(金)より全国で公開
公式サイト→https://yakuzatokazoku.com/