>  > 『反社』の隣人 ースクープは眠る ー次に逮捕される芸能人は誰だ!ー 
薬物疑惑

『反社』の隣人 ースクープは眠る ー次に逮捕される芸能人は誰だ!ー

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年4月に覚醒剤などを所持していたとして、2月13日に警視庁に逮捕された槇原敬之容疑者だが、予定では3月4日に勾留期限の満期を迎えようとしている。
今のところ捜査関係者から漏れ伝わる話しによれば、槇原敬之容疑者は起訴される見通しが高いようだ。
仮にその見通し通りに起訴されたとしても、即日に保釈申請が出されるだろうし、起訴が見送られれたとすればその日の内に釈放ということになる。
どちらにしても、近日中に社会へと戻ることができるだろう。

そうした一方で現在、報道各社が万が一の逮捕に備えて、その動向に注目している有名人が2人存在している。
どちらの有名人も過去に業界内で、薬物疑惑が囁かれたことがあった。だがその後、ある時期でパタリとそういった噂が掻き消されていったのである。
それが今年に入り、再び急浮上してきているというのだ。

1人は先日あるメディアニュースでも報じられていた紅白出場経験もある女性シンガー。

「あの記事を業界関係者が読めば、誰のことを指しているか一目瞭然でしょう。当時、話題になったのは薬物疑惑だけではありませんでした。注目されたのは、薬物疑惑に纏わる金銭トラブルです。それも男女関係に纏わるものとして噂に上がっていました」(芸能記者)

彼女のイメージから薬物疑惑だけでも信じられないことであったが、当時、業界関係者内で囁かれた男女間の金銭トラブルは想像を絶するものであったと言えるだろう。
だが、その噂はある時点で断ち消えていく。
その理由は、業界内の大物が彼女を薬物から救い出す為に、手を差し伸べたのではないかと言われていたのだ。
それが今年に入ったあたりから、「様子がおかしい」と囁かれ出し、あるメディアニュースが先手を打つ形で報じて見せたのである。

そして残るもう1人。完全に薬物を断ったと言われていた有名人である。なのになぜ、その有名人の周囲が騒がしくなり始めているのか。芸能事情に詳しい人物はその理由について、このように話す。

「ここ最近、銀座などで飲み歩く姿が頻繁に目撃されるようになってきていました。職務質問を受けたケースもあったと聞いています。ただ理由はそれだけではありません。先日、銀座でしたたかに酔った彼は、自ら110番を入れ、管轄の所轄で薬物検査を受けたと言うのです」

もちろん検査結果は陰性で、逮捕などはされていない。だが、どんな事情があったにせよ、通常の社会生活を送っている社会人がそうそう薬物検査を受けることがあるだろうか。しかも誰もが知るような有名人だとすれば尚更、考えられないのではないだろうか。
しかしこの考えられないことは、他のケースでも実際に起きているのだ。
それも今年に入ってのことだ。TVでもよく見かけるある有名モデルも、薬物検査を受けていたというのである。
彼女の場合も自らの通報だったという。だが、彼女が通報したのは、110番ではなく119番だったと言われている。何かが背景に起きていたからこそ、薬物検査を受けることになったのだろう。
その際の検査結果も陰性であったと言われている。

業界内で囁かれるこうした噂は、今回に始まったことではない。事実かどうか不明な情報レベルまで下げると、仮に薬物に手を染めていれば、世間に衝撃が確実に走るほどの有名人の名前まで、時に浮上する時がある。過去、最大級と言えるレベルの大物の名もあがる時があるのだ。

ここ最近、有名人が逮捕されるケースが増えてきている。それを見ても、いくら有名人だからといって、薬物に手を染めれば逮捕されるという事実がそこにあるのだ。
仮にだ。仮に薬物に手を染めている有名人が存在するのであれば、これが薬物を断ち切る最後のチャンスとなるのではないか。SNSの普及。内部からのリーク。破綻しやすくなった信頼関係。時代は、その時を迎えている気がしてならない。


(文・沖田臥竜)