>  > ■最も別格な未解決事件 世田谷一家殺害事件① 文・沖田臥竜
仮説

■最も別格な未解決事件 世田谷一家殺害事件① 文・沖田臥竜

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◯仮説

街の至るところに設置された防犯カメラ。今では特段、珍しくもない光景だが、防犯カメラの設置が本格的に進められたのは、ある事件がきっかけであった。その事件とは、2000年12月30日に発生した上祖師谷3丁目一家4人強盗殺人事件。通称・世田谷一家殺害事件となる。

【概要】
2000年12月30日。東京都世田谷区上祖師谷3丁目の宮沢みきおさん(当時44歳)方2階建て宅に何者かが侵入。自宅にいたみきおさんと妻の泰子さん(当時41歳)、長女にいなちゃん(当時8歳)、長男礼くん(当時6歳)を殺害。翌31日午前10時50分ごろに隣に住んでいた泰子さんの母親が発見。すぐさま警視庁捜査一課は、強盗殺人事件として成城警察署に特別捜査本部を設置するものの現在に至るまで未解決のままになっている。日本殺人事件史の中で最も有名な未解決事件。


事件発生から20年目を迎えようとしている現在。周囲の家は東京都が買い上げて公園となっている。だが今も事件現場となった宮沢さん宅だけは、歳月と共に老朽化が進んだものの、そのままの姿で残っている。事件発生から特別捜査本部が設置された成城警察署では、24時間体制で警察官を張り付ける体制を取っていたが、それも去年中で撤収。同時に事件現場から証拠類は全て採取し終わり、今後の捜査に支障はないと判断されたことなどから、遺族へと取り壊しを打診。だが遺族の1人泰子さんのお姉さんが「社会の中で事件の記憶の風化が進んでしまう」と危惧し、泰子さんのお姉さんによって取り壊しの撤回を求める申し出が出され、取り壊しについて、現在も混迷を極めている状態となっている。

今、現在、遺族として生存されているのは、事件解決のために積極的にメディアに登場してきた泰子さんのお姉さんと、みきおさんのお母さんの2人だけとなるのだが、関係者らの話しによれば、2人の間に現在、交流はないと話す関係者が多い。
みきおさんのお母さんは、とにかく犯人が逮捕されることだけを願っているのに対して、泰子さんのお姉さんはペンネームで本を出版したり講演会を開催させたりと活動的。ある種、2人の立ち位置は異なりを見せているとさえ言えるだろう。

泰子さんのお姉さんは当初から捜査関係者らに対して、ある意味、非協力的であったとの声も少なくない。もちろんそれが決して責められものではない。ご遺族には遺族にしか分からない遺族感情というものが存在し、そっとしておいて欲しいと言うご遺族も少なくない。
ただ泰子さんのお姉さんは少し違った。自身の本や講演などを積極的に宣伝してくれるマスメディアには小出しでありながらも、遺留品などを公開している。
そして某TV局は、泰子さんのお姉さんの意に沿わない放送をしてしまったことで、泰子さんのお姉さんから叱責を受けたりしたこともあった。
ただそれも事件解決を願っての主張である以上、そういった振る舞いに対して、誰も責めたてることは出来ないだろう。しかし事件解決に向け、粘り強い捜査を続けている捜査員らは、少なくとも一定の距離をあけていると言われている。


近年、捜査に大きな進展がないものの、2018年12月に警視庁が事件当時の様子を再現させた立体3Dを作成し、事件解決に向けて公開させた。ただこれについても、実は違った理由もあったと言われている。
その理由とは、ある元幹部の捜査一課長への就任にあったのではないかと囁かれているのだ。
それまで警視庁では、事件が起きた12月30日になると毎年、宮沢さんの遺族と警視庁捜査一課の幹部らが宮沢さんのお墓参りへと一緒に訪れて、墓前に手を合わせ、事件解明を誓うのが恒例となっていた。だが元幹部の就任後、それを取りやめている。そのかわり事件解決の手がかりとなるものを作成したり、これまでメディアで公開されていなかった些細な情報を提供して、真相解明に繋げていくようになったのではないかと関係者らは話している。

それが毎年、情報を警視庁が小出しでメディアに提供しているかのような印象を与えているのだが、実際はそうではない。世田谷一家殺害事件についての情報は、ほぼ全て出し尽くされているのだ。事件から20年近く経過しても解決出来ていない事件の情報を小出しにする必要性もなければ、極秘にしておく意味もない。是が非でも事件を解決させたいという願いは誰しもが同じなのだ。
事件発生日となる12月30日に毎年、宮沢さんの墓前へと真相解明を誓う恒例行事を取りやめた代わりに、少しでも事件の手がかりに繋がる情報を提供することになったことと、世田谷一家殺害事件を追い続ける記者陣らの執拗なまでの粘り腰。

「何でも良いので、これまでに世の中に出ていない情報を少しでも出して下さい!」

との要請を受けて、探し出された末に出てきているのである。それほどまでに、捜査は手詰まりとなっているとさえ言える。

長年、世田谷一家殺害事件を取材してきたというジャーナリストや元記者などが、あたかも犯人に辿り着いたかのような仮説を書籍などで述べている。
現場の記者陣らに言わせれば、「あの人たちは聞いてきた話しを、あたかも自分たちが取材してきたように話しているだけで、仮説ともなれば何の確証も根拠もありません」とバサリと切り捨てている。
それはそうだろう。結果として犯人が逮捕されていないのだ。そうした仮説に信憑性があれば、容疑者は逮捕されているはずだ。現状でいえば、あれだけの遺留品が現場に残されていながらも世田谷一家殺害事件は、有力な容疑者が浮上していないのだ。それだけに逆に言えば、いくらでも仮説を立てることが出来てしまうということにもなる。

世田谷一家殺害事件の取材を始めた際、長年、現場で取材を続けてきた人はこう話していた。

「調べれば調べるだけ、世田谷だけは分からない」

後に私もその言葉の意味を理解することになっていくのであった。


(文・沖田臥竜)