>  > 『反社』の隣人ースクープは眠るー㉑ 捜査当局が警戒を強める沖縄半グレ事情
沖縄半グレ事情

『反社』の隣人ースクープは眠るー㉑ 捜査当局が警戒を強める沖縄半グレ事情

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


県内唯一の指定団体「旭琉會」富永清会長が7月12日に他界したことにより、沖縄県警による厳戒態勢が敷かれる中、全国各地から続々と親分衆らが弔問のために、沖縄県へと訪れたのは7月下旬のこと。
幾度となく熾烈な抗争を繰り返し、2011年に組織を一本化させ、組織名を「旭琉會」に改め会長に就いたのが富永会長であった。その会長の急逝ということだけあって、必然的に浮上するのが跡目問題ということになる。だが、地元関係者らの話しによれば、富永会長の49日が営われるまで、喪に服し、跡目問題については話し合われることはないと言われているようだ。

「跡目問題で過激な抗争に発展する恐れはまずないと見られているが、実力者揃いの旭琉會だけあって、捜査当局では現在、その動向に警戒を強めていると言われ言われています」(ヤクザ事情に詳しいジャーナリスト)

だが、実は沖縄県警では、その他に現在もう一件、頭を抱えている案件が存在しているというのである。それは、全国各地でその存在が問題視されている半グレグループの存在だ。
沖縄県随一の繁華街と言われる松山や観光地で有名な石垣を中心に半グレ集団が蔓延り、様々なトラブルを起こしているという。

「急速な勢力の拡大を見せている半グレグループのリーダー格の人物は、関西でいち早く半グレ集団を結成させた人物と言われています。その人物が松山や石垣を拠点に活動する大物親分と通じ、それを後ろ盾にするような形で、県外から沖縄にやってきている若者たちを束ね、派手にやっているようです」(ジャーナリスト)

このジャーナリストによれば、最近ではそのグループと地元の若者たちとの間で、トラブルまで起こり始めているというのだ。地元勢からすれば、県外から来た若者たちが繁華街を我が物顔で闊歩されると当然おもしろくない。
そこに摩擦が生じるのは、ある意味において必然とさえ言えるだろう。そうした状態をいち早く察した地元当局が、現在警戒を強めているというのである。

そもそも半グレの存在を世に知らしめたのは、東京都内を中心に「海老蔵事件」(2010年11月に起きた歌舞伎役者、十一代目市川海老蔵氏に対する暴行事件)や「六本木クラブ襲撃事件」(2012年9月、六本木クラブ「フラワー」に金属バットなどで武装した関東連合のメンバーらが乗り込み、店内で飲食中であった男性に激しい暴行を加えて死亡させた事件)などを次々に起こして、社会を震撼させた関東連合(解散)となるだろう。
その関東連合の元メンバーらも、早くから沖縄県に出入りしていることは、業界内で早くから知られていたようだ。

「特殊詐欺などで財をなした若者らが、都内の繁華街で派手に飲み歩いていたりしたら、嫌でも目立ってしまう。それがきっかけで、捜査の手が伸びてくることもあり得る。そのため派手に遊んだりする時は都内ではなく、わざわざ遠方の繁華街を利用するようにしていた。その一つが沖縄県だった」(関係者)

そこに関西で有名な半グレ集団を結成させた人物までもがやってきて、他府県からその人物を慕う若者が集まり、沖縄県でも半グレ集団を形成させて問題になっているという。

「その人物が大阪で半グレ集団を率いていた頃は、ある組織と繋がりがあったと言われていました。ヤクザ業界だけではなく、その人物の人脈は相当広いようで、一時捜査当局ではある有名アーティストとの関係性も調べていたと言われていたほどです」(芸能記者)

武闘派組織として知られる旭琉會の跡目問題は、富永会長の49日法要の後に話し合われるのではないかと見られており、現在は喪に服している状況だという。そうした中での、半グレ集団の存在。捜査当局が警戒を強めるシナリオは、整いすぎていると言えるのではないだろうか。


(文・沖田臥竜)