>  > 菱のカーテンの向こう側 ー魔の8月、長野県で不協和音ー
長野県で不協和音

菱のカーテンの向こう側 ー魔の8月、長野県で不協和音ー

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


例年、ヤクザの抗争は8月に起きると言われ続けていた。そして、事件はやはり8月に起きたのだった。発端は先日に起きた六代目山口組三代目弘道会系組織と任侠山口組四代目竹内組の大乱闘が引きずっていたのかもしれない。
その乱闘の原因は、四代目竹内組が関係していると言われていた飲食店に、野内組傘下団体の組員らが大勢で訪れたことであった。
連絡を受けた四代目竹内組組員らがすぐさま現場へと急行。怒声の飛び交う中で大乱闘に発展していったのである。

そして21日。野内組傘下四代目近藤組組長が、竹内組関係者らに拉致され、激しい暴行を加えられるという事件が起きてしまったのだ。

「四代目近藤組の組長は、竹内組組員らに山中へと連れて行かれ、暴行を加えられながら引退を迫らたのではないかとも言われいる。竹内組と近藤組の間では、何らかの因縁もあったようだ」(地元関係者)

その後、近藤組の組長は市内の病院へと担ぎごまれ入院することになるのだが、それに激怒したのが野内組を始めとした弘道会サイドであった。

「本来なら、弘道会本体が動くことはないと思われていたが、事態を重視した弘道会サイドは、その日の内に結構な数の系列組織の組員らを飯田市に向かわせたようだ」(業界関係者)

六代目山口組分裂直後、移籍を巡るトラブルから射殺事件が起きた場所も飯田市であった。その後、六代目山口組サイドと神戸山口組サイドは長野県を舞台に、激しい衝突を繰り返すことになるのであった。

「現在、もっとも勢力を拡大している野内組が攻めあぐねていたのが、長野県ではないかと言われていました。そこには現在、任侠山口組傘下の竹内組が存在していたからと言われています。それを今回、弘道会サイドでは、徹底して攻め込もうと考えたのではないかと、捜査当局を見ているようです」(ジャーナリスト)

六代目山口組分裂後、激しい衝突を繰り返す舞台となった長野県であるが、五代目体制までは長野県と言えば、直系組織の近松組の存在が大きかった。
まだ、近松組が三代目山口組の名門組織「初代大平組」の傘下組織だった時代に、長野県を制圧するように命を受けた近松組組長が、兵庫県尼崎市から、配下の組員らを引き連れて長野県へと進出したことがその起源だと言われている。

その後、近松組長の引退によって近松組は解散。長年に渡り同組織で若頭などの重責を担った最高幹部の勢力が出身母体である二代目大平組へと加入。他の最高幹部の勢力は、弘道会や山健組などの有力組織へと加入することになるのだが、奇しくもこの構図が後の六代目山口組分裂後の衝突に繋がっていく要因の一つにもなってしまうのであった。

そして今回、またしても長野県を舞台に火花が飛び散ることが予想されたのであるが、事態は思わぬ方向へと向かってしまったのである。

弘道会系組織が続々と飯田市に入ってきていると業界関係者の間で噂になっていた翌日の22日。神戸市内で銃声が鳴り響いたのである。
その詳細は、次に譲るが分裂からちょうど4年を迎え一気にきな臭くなり始めてきている。


(文・沖田臥竜)