>  > 尼崎の一番星たち ① ー気分はいつでも暴走族ー 文・沖田 臥竜
ーすぎちゃんー

尼崎の一番星たち ① ー気分はいつでも暴走族ー 文・沖田 臥竜

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中は、彼のことを微塵も知らない。だが、尼崎の塚口で、暴走族に何らかの形で携わった経験のある過去を持つ者なら、誰しもが彼の名前を知っている。

ーすぎちゃんー 人呼んで白龍のすぎちゃん。今もバリバリの現役の暴走族である。

現役ゆえに、すぎちゃんの脳内は18歳のままで止まってしまったままである。
トレードマークだったリーゼントパンチはすっかり禿げ上がり、愛車のXJ400Dは30年も前に廃車になってしまったが、すぎちゃんはすぎちゃんのままなのだ。すぎちゃんの世界では今でも黒とピンクのファイヤーパターンにまたがり、直管コールを奏でているのである。

今となっては不覚以外の何者でもないのだが、当時14歳だった私は、シンナー片手にローリングを切ってみせるすぎちゃんを「かっこいい」などと誤解してしまっていた。私だけではない。私たちの世代の不良少年たちは、4学年上のすぎちゃんを誰しも「シブい」と一度は思ってしまった苦い経験があった。

18歳で暴走族を卒業してしまった私は、その後、2年間、地元尼崎を離れ県外で潜伏していたので、すぎちゃんのことなんてすっかり忘れ去っていた。

とにかく緩やかな時代であった。何の人脈もない私が、逮捕状が出ているというのに2年間も逃走することが出来たのだ。今では考えられないだろう。逮捕は実に呆気なかった。ハタチとなり、成人を迎えたので、警察も許してくれるのではないかと地元尼崎に帰ってくると、何のことはない。すぐに刑事がやってきて逮捕されることになってしまった。

ただ、17歳の時の事件だ。大したことはない。取り調べも実に簡単なもので、私は日がな留置場で暇を持て余していた。
すると少年房から、留置されている少年たちの会話が聞こえてきたのだ。四方はコンクリートの壁で囲まれているため、少年たちの姿は見えない。

「あれは絶対にすぎちゃんのせいやで。カンベから出たら、すぎちゃんにただでシンナーもらおな」

「すぎちゃんにシンナーパクりいかそうや」

私は思わず、少年たちの会話に割って入っていた。

「おいっ!少年どもっ!すぎちゃんて、もしかして塚口のすぎちゃんかっ⁈」

一瞬の間が空いたあと、呼びかけた少年たちが返事をしてきた。

「はいっ!そうです!白龍のすぎちゃんです!」

すぎちゃんは当時24歳。少年たちは聞けば共に15歳だと言う。9つも年が離れているというのに、少年たちは全くもって、大先輩であるばずのすぎちゃんに敬意を払っていない。

この時、私は確信したのであった。すぎちゃんは、未だに暴走族もシンナーも卒業できておらず、18歳のすぎちゃんのままであることを。


(文・沖田 臥竜)