>  > 関東の雄、稲川会が代替わりか?山口組分裂に及ぼす影響とは
関東の雄、稲川会が代替わりか?

関東の雄、稲川会が代替わりか?山口組分裂に及ぼす影響とは

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関東の雄、稲川会が代替わりか?山口組分裂に及ぼす影響とは

現役時代、著者は稲川会 清田次郎会長と内堀和也理事長の姿を一度だけ見たことがあった。それは五代目山口組 渡辺 芳則組長のお通夜でのこと。他組織からの参列は稲川会だけに限られており、著者はその時、他の直参の親分衆の付きの組員らと整列し、清田会長と内堀理事長を出迎えることになった。
目前を通る2人の姿を見ながら「この人たちが稲川会のトップとナンバー2の親分か...」と感慨深く感じたことを今でも鮮明に記憶している。


今年に入り業界関係者の間では、ある噂が囁かれていた。それは時間の経過と共にある意味、信憑性の高いものとして関係者の間に拡散されることになっていく。
その噂とは、関東の雄「稲川会」の代替わりである。稲川会といえば、六代目山口組と親戚関係にある組織としても知られており、六代目山口組分裂後いち早く六代目山口組を支持して見せたことでも知られている。
特に稲川会の実質的ナンバー2の理事長を務める三代目山川一家 内堀 和也 総長は、六代目山口組の中枢組織。三代目弘道会 竹内 照明 会長と五分兄弟の盃を交わしている間柄で、固い絆で結ばれていると言われているほどだ。
その内堀総長が、近々稲川会の会長に就任するのではないかと言うのである。

「正式発表こそされていませんが、既に盃の日取りまで決定していると話す関係者も存在しています。内堀理事長は竹内会長と兄弟分ということもあって、六代目山口組分裂後には弘道会の定例会当日に弘道会本部を訪ね、その存在感を内外に示したこともあるほどです。内堀理事長が稲川会の会長に就任すれば、六代目山口組の分裂騒動に何らかの影響を及ぼす可能性もあるのではないでしょうか」(ジャーナリスト)

つまり稲川会が新体制を発足させれば、これまで以上に六代目山口組サイドを後押しすることも充分に考えられるのではないかと言うのである。
事実、兄弟分の組織が分裂騒動の渦中にあれば、それを解決する為に何らかの動きを見せたとしてもおかしくはない。
だが神戸山口組においても、他団体との親睦を深める出来事があった。それは神戸山口組と友好関係にある他組織の首脳らが、井上邦雄組長の元を訪ね食事会を開催させたというのだ。

「外交面で言えば結成当初から神戸山口組も六代目山口組に決しておとってはいないのではないか。先日、井上組長邸で開かれた食事会の親分衆の面子を見ても明らかだ。有力組織のトップらが一堂に会している」(神戸山口組関係者)

ただこの食事会が業界関係者の間で騒然とし、事実確認を急ぐ事態になったのは確かだろう。その理由とは一体何であったのか。地元関係者はこのように話している。

「集まったトップの中には有力組織から処分を受け、神戸山口組サイドとの付き合いを鮮明にした親分らもいたのだが、その際の目撃情報などから白ネクタイを締めていた幹部もいたという噂が広まり、もしかすると秘密裏に盃ごとをやっていたのではないかという憶測が生まれたからだ」

これまでも神戸山口組では、他組織のトップらとの食事会は開催されてきている。しかしこれまでは神戸山口組の有力組織 山健組の関連施設で行われることが多かった。それだけに今回は井上組長の元で開催されたことで、憶測が更なる憶測を呼んだのではないだろうか。

「人事にしろ行事にしろ、神戸山口組の情報漏洩は徹底されており、外部にはなかなか漏れてこない。先日、総本部長を辞任したとされる正木組長(正木組組長)においても、その後の明確な処遇は聞こえてきていない。六代目、神戸、任侠と3つの山口組が存続する中で、神戸山口組が一番情報を取りにくいのではないか」(捜査関係者)

六代目山口組を支持する団体もあれば、六代目山口組との関係を分裂後に断ち切り、神戸山口組支持を鮮明にさせた組織も存在する。山口組の分裂は未だにヤクザ業界全体に影響を及ぼしていると言えるのではないだろうか。

(文・沖田 臥竜)