>  > 皮を被っているコンプレックスにつけ込む「包茎詐欺」ってなんだ?

皮を被っているコンプレックスにつけ込む「包茎詐欺」ってなんだ?

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

素手で陰茎にシリコンを・・・!?

 
 事件名は「医師法違反、廃棄物の処理及び清掃に関する法律違反」だった。

 被告人は高校を卒業後、金属加工業で作業員をやり、いつしか医療事務の事務員に。頑張って勉強したんだろう。偉いじゃないか。
 
 知人の医師が東京都港区の青山で美容整形のクリニックを開業し、被告人は頼まれてその事務長になった。

 ところが、1年ほどすると医師は休みがちになった。アルバイトの医師を頼んでいたが、次第に人手不足となり...。

 そこで、アルバイトの医師を確保できないとき、被告人(註・言うまでもなく医師免許はなく医療事務員です)が手術をしちゃったんだそうだ、なんと40~50人に対し。

 どんな手術をしたのか、検察官が述べた。


検察官「陰茎にシリコンボールを挿入...亀頭増大...包茎手術...麻酔注射...」
 
 なんで発覚したと思う? 今回の被害者とされた男性が、シリコンボールの挿入手術を受けた際、医療ミスに備え、念のため隠し録画していたのだった。
 その録画を見た別の医師の調書を、検察官が読み上げた。
 
検察官「手術を素手で行っている。縫合も雑である...」
 
 ぴちぴちのあのゴム手袋をつけずに手術するって、マジっすか!
 
 「医師法違反」は分かった。じゃあ、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律違反」は何なのか。包茎手術で切除した"包皮"をどっかに捨てちゃったとか?
 
 いや、違った。引っ越しのときに出た粗大ゴミ等、約60kgを畑に捨てたんだという。ゴミに混じっていた「お薬手帳」から被告人の犯行とバレたのだった。
 
 判決は、懲役2年、罰金100万円、懲役刑について執行猶予4年。
 
 とにかく、男にとって大事なチンコにつけ込む詐欺的商法、包茎詐欺、どうやら広くあるらしい。
 
 国民生活センターによれば、

機能的には問題がなく、だから保険適用外の仮性包茎の手術を、医師本人がよく説明しないまま即日やろうとするクリニックはヤバイようだ。

ご注意を。

0804houkei_thum.jpg

じっくり手術してからでも、女の子は逃げたりしませんので!(写真はイメージです)


(取材/文=今井亮一)


今井亮一 プロフィール
いまいりょういち●交通ジャーナリスト/マンガ原作者/作家。著書は『交通違反ウォーズ!』(小学館)、『なんでこれが交通違反なの!? 警察は教えない126の基礎知識』(草思社)、『裁判中毒 傍聴歴25年の驚愕秘録』(角川書店)など多数。
ブログ「今井亮一の交通違反バカ一代」http://ko-tu-ihan.cocolog-nifty.com/
メールマガジン「裁判傍聴バカ一代」http://www.mag2.com/m/0001035825.html