>  > 不倫Z戦士・乙武洋匡氏、テレ朝への怒りで超サイヤ人覚醒!今後の方向性を示唆?
R-ZONEニュース!

不倫Z戦士・乙武洋匡氏、テレ朝への怒りで超サイヤ人覚醒!今後の方向性を示唆?

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


xo0800045013.jpg


 「『プライベートなことですので』って、どの口が言ってんだよ。さんざん人のプライベートをいじくり回しておいて、いまさら何を言ってるんだか」

 twitter上で、そう怒りのつぶやきを投下したのは、作家の乙武洋匡氏(40)。

 今月8日発売の「週刊文春」でテレビ朝日の田中萌アナウンサー(25)と加藤泰平アナウンサー(33)の不倫疑惑を報道。

 テレビ朝日広報部は7日に「プライベートなことですので、お答えは控えさせていただきます」とコメント。

 更にそろって番組出演を控えたことについては「プライベートなことではありますが、報道・情報番組ということもあり、出演を当面、見合わせることにしました」と説明した。

 "セクサー"で知られる乙武氏が、この対応に怒りをぶちまけたのは無理もない話だ。

  今年3月に5人の女性と不倫していたと週刊誌が報道し、乙武氏はその事実を認め公式サイトで謝罪。更に9月14日に妻・仁美さんと離婚したことを自身の公式サイトで発表した。

 身から出た錆とは言え、不倫騒動でプライベートを面白おかしく報道された乙武氏にとって、発信する側が真実を隠し、うやむやにするなど、言語道断なのだろう。

 3月の不倫報道以来、沈黙を貫いて来たが、11月27日のフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)の出演を切っ掛けにtwitterによる投稿を開始。

 元々、はっきりと物事を言うタイプの乙武氏だが、今回の不倫疑惑報道に憤りを感じ、何かが覚醒したと思われる。

 不倫報道が後を絶たない芸能界。「ゲスの極み乙武」と揶揄され、事ある毎に名前が上がる彼にとって、今回"毒舌キャラ"という新しい一面を見せたことは、今後の活動を左右する新しい第一歩になりそうだ。

 今後「言いたいことを言う」と言い切り、超サイヤ人と化した乙武氏の今後の"爆弾発言"にも注目していきたい。