>  > 田中みな実はなぜ"嫌われ女子アナ"を卒業できたのか?
R-ZONEニュース!

田中みな実はなぜ"嫌われ女子アナ"を卒業できたのか?

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1202minami.jpg


毎年恒例の第13回「好きな女性アナウンサーランキング」がオリコンスタイルより発表。1位は日本テレビの水卜麻美(29)アナウンサーが4年連続で選出。5連覇を達成し殿堂入りしたフリーの高島彩(37)アナウンサーに次ぐ快挙となった。

また、2位にはフリーに転身したかとパンこと加藤綾子(31)、3位には有吉との熱愛も騒がれた夏目三久(32)、4位にNHKの有働由美子(47)、5位にテレビ東京の大江麻理子(38)が順当にランクインした。

そうした中で7位にランクインしたのがフリーの田中みな実(30)。「準ミス青学」などの経歴をもち、2009年に鳴り物入りでTBSテレビに入社。入社後は「みんなのみな実」のフレーズでおなじみのいわゆる「ぶりっ子キャラ」で注目を集めると、「サンデージャポン」や「さんまのSUPERからくりTV」などの人気番組に出演して知名度を上げていった。

こうしてTBSの人気女子アナになった田中みな実だが、一方では「ぶりっ子キャラがあざとい」などと[嫌いな女子アナランキング]でも上位の常連でアンチも多かった。

そんな田中みな実に転機が訪れたのは、フリー転身。