>  > 「お骨事件」「焼き鳥屋騒動」の真相とは? 大戸屋、「お家騒動」渦中の窪田社長が『ノンストップ!』の取材に応じる
TVワイドショーななめ読み

「お骨事件」「焼き鳥屋騒動」の真相とは? 大戸屋、「お家騒動」渦中の窪田社長が『ノンストップ!』の取材に応じる

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tvmania_20161111_01.jpg

大戸屋ホームページ(リンク


 今年5月、創業家と経営陣の対立がにわかに話題を集めた定食店「大戸屋ごはん処」。同店を展開する大戸屋ホールディングスの窪田健一社長が情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系、11月10日放送)の取材に応じ、騒動について言及した。

 大戸屋は「美味しさと健康」にこだわり、手間ヒマかけた店内調理が人気を呼んだ定食店。国内店舗にとどまらず、今やアメリカ、中国、東南アジアに進出し、国内外あわせて全436店舗を展開している。ここまで大戸屋を拡大させたのはカリスマ性のあった創業者・三森久実氏だったが、2015年7月に57歳の若さで急死。これを機に、創業家と現経営陣の間に"お家騒動"が勃発したという。

 久実氏が亡くなった時点ですでに社長だった窪田氏は、久実氏の死去後も社長を継続。騒動の収束が見えぬ中、11月9日には「大戸屋 事業戦略発表会」が行われた。この日、窪田社長は今後の事業戦略に関して「創業の理念を継承」すると掲げた上で、海外店舗数を2倍にする「海外戦略」と、インターネットを使って弁当を予約する「ネットオーダー」の導入を発表。お弁当の宅配サービスも拡大するなど、お家騒動によって失墜したイメージの回復を図っているようだ。

 久実氏の長男・智仁氏は以前、『ノンストップ!』の取材に対し、「将来的な事業継承について、父・久実氏から直接話があった」としていたが、イベント後に同番組の直撃取材に応じた窪田社長は「(久実氏から)直接言われたことはございません」と、キッパリ回答。続けて、「ただ、やはりいずれは彼(智仁氏)が大戸屋を担っていくというのは、ごく自然なことだという認識は我々も思ってましたし、そういった意味も含めて、一つひとつ経験といろんな語学も含めて、いろんなことを学んでもらいたいという思いもありまして。香港事業へ、という話もしていた次第でございます」と、説明した。

 そして「第三者委員会による調査報告書」によると、この時、智仁氏は「チャンス。父が去り、一旦ここで気持ちを切り替える意味でもいい機会」と思い、香港行きを内諾。窪田社長を中心とした会社経営は順風満帆に行くかと思われた時、ある事件が起こったとか。


tvmania_20161111_02.jpg

『ノンストップ!』公式サイト(リンク


 昨年8月、智仁氏の香港赴任を前に懇親のため焼き鳥屋で会食。出席者は窪田社長を含めた4人だったが、お酒が進む中で智仁氏は、海外事業に際して「前任者からの引き継ぎがない」と主張し、窪田社長と口論に。智仁氏によれば、窪田社長から「お前には無理だ。反抗するなら、明日から会社に来なくていい」と厳しい言葉を浴びせられたとのこと。これに対し、窪田社長は「それは事実ではないですね。『香港に行って一からいろんなことを経験を積んで頑張れよ』という趣旨での会話はしていたと思いますね。そうした中で、ちょっとキツイ言葉もあったかなと思います」と、語った。

 窪田社長率いる経営陣が事業縮小・役員変更など父・久実氏の意向に背く経営を行ったとして、智仁氏は今年2月に大戸屋ホールディングスを退社。今度は大株主という立場から反対の声をあげたそう。

 一方で窪田社長は今後の経営方針に関し、「亡くなられた先代からずっと店内調理というものを大事にして、手作りの美味しさっていうのを追求してきていますから。まぁ、窪田カラーというのを意識的に加えるっていうのはないですね」との考えを示した。

 また、「第三者委員会による調査報告書」の記載によると、「焼き鳥屋騒動」の後に「お骨事件」と呼ばれるトラブルも発生。久実氏が亡くなった2ヶ月後の昨年9月、窪田社長がいる社長室へ、創業者の妻である三枝子氏と智仁氏が骨壷、位牌、遺影を持って現れたとか。智仁氏が退室すると、三枝子氏は窪田社長に対して「主人(久実氏)があなたを見ている。窪田、社長を辞めなさい。そして、智仁を社長にしなさい」と、迫ったそうだ。現在は代理人を通じて話し合いを進めている状況だというが、今回『ノンストップ!』が智仁氏に質問状を送ったところ、この日までに回答はなかったとのこと。

 この件についてコメントを求められたコメンテーターの千原兄弟・千原せいじは「大きな企業でも、"言うた、言わん"っていうその......。そもそもが、そんなレベルの低いようなことがあるんやなって、ビックリした」と、率直に吐露。「飲んでる席での"言うた、言わん"はもう、アカンって。そこはもう」と、呆れ顔で語っていた。


(文=テレビマニア