>  > え? 関西デリヘルって本番にチップいらないの!?[後編]
旅打ち風俗青春叙情録[西成編]

え? 関西デリヘルって本番にチップいらないの!?[後編]

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 西成ドヤ街飲み歩きから考えると、この日は長い夜だった。

 服を着替えながら
「どっから来たの?」と聞かれたので
「東京だよ。明後日には帰るんだよ」と私は答える。

 この瞬間、お互いもう二度と会えないのを心の底で悟った。

「じゃあ、また機会があったらよろしくね」と女の子は気丈に答え、私も「その時はまたよろしく」としか言えなかった。

 芝居かどうかは分からないが、名残惜しそうな顔をした女の子をホテルの部屋から送り出し、ベッドの上に私はゴロンと一人で大の字に寝た。

 翌日、またお店のサイトをチェックすると、滅多に出勤しないこの子が「出勤」となっていた。これは何を意味するのか。

 しかし私は後ろ髪を引かれる思いでそっとサイトを閉じ、東京に帰る新幹線の切符を予約した。

 大阪にはまた必ず行く。

1105nishinari_kou2.jpg

【了】


(文・曼荼羅夢)