>  > AV出演疑惑の美人女子アナが語った真相「AV出演強要の恐怖」

AV出演疑惑の美人女子アナが語った真相「AV出演強要の恐怖」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 そして、別の場所に移動すると、そこには1人の女性の姿があり、その場でメイクを直してもらったという。その後、1枚の書類を手渡されたが、書面に記載されていたのは「撮影に協力します」という簡単な内容だけで、「アダルトビデオに使用する」との文言は一切なかったそうだ。

 この時点で特に不審に思わなかった松本アナは書面に名前と住所を記入。案内された車には30代と思われる男性が4~5人乗っており、松本アナが後部座席に座った段階で撮影がスタートした。「(はじめは)『男性の悩みを聞いてくれるだけでいいから』(と言われた)。ただ、途中から話の内容が連想させるような、というか......」(松本アナ)と語るように、撮影が進むにつれて不信感を抱きはじめたところ、次第に話が過激化。最終的には男性器の形をしたアメをなめるよう、強要されたとか。

 撮影は10分ほどで終了したが、「周囲も男性4~5人に囲まれていて、逃げようと思っても逃げられる状態でもなかったですし......」と話すほどの恐怖を味わった松本アナは「映像を使用しないでほしい」と、懇願。この申し出にスタッフは「大丈夫」とだけ答えたといい、松本アナは逃げるようにその場を離れたとのこと。「そういうビデオに対して、私も知識がなかったので。(服を脱がされたわけでもなかったため)"あんな映像、利用価値そもそもないよな"って思った部分もあって」と、他者に相談することもなく時を過ごしたという松本アナ。大学卒業後はアナウンサーの道に進み、2013年に名古屋のテレビ局と契約した。

 情報番組や音楽番組に出演するなど充実の日々を送っていた14年、松本アナはおよそ3年前の映像が"アダルトビデオの1シーン"として使用されていることを把握。ネット上で話題になったことから発売元は映像の販売を自粛したが、すでに膨大な量の画像が拡散された状態。松本アナは「ビックリというか、頭の中が真っ白になりましたね」「犯罪者かのような叩かれ方というか、"消えてしまいたい"という風に思うことも毎日でしたね」と、辛い日々を振り返った。