>  > シャブ&ASKAの叫び! 封印ブログに残された禁断症状の爪痕
R-ZONEニュース!

シャブ&ASKAの叫び! 封印ブログに残された禁断症状の爪痕

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月28日、歌手のASKA(本名・宮崎重明)(58)が覚醒剤取締法違反で逮捕された。産経新聞の28日付の記事によると、発端は25日午後7時「盗撮されているので確認してほしい」とASKAが自ら110番通報をしたこと。言動に不審点があったため警視庁は尿検査をおこない、28日に覚醒剤の陽性反応が出たと発表された。

chageandaska-official.jpg

CHAGE and ASKA official web site

2014年から続く不審な言動

25日のASKAの不審な言動は「盗撮、盗聴、監視されている」といった発言だと報じられているが、ASKAは今年の1月9日に突如ブログを開設し近況や覚醒剤事件へ至るまでの顛末を語るテキストを公開しており、そのときにも「盗撮、盗聴、監視されている」という内容を書き込んでいる。また、その後にASKAは周囲のひとによって保護入院させられている。

1月の時のブログでは、「700番」というタイトルで9万5千字にのぼるテキストが公開された。また直ぐに削除されたが、転載されたものをネット上で見ることが出来る。
現在閲覧できるASKAのブログ上で、度々でてくる「700番」はこのテキストを指している。
その騒動の顛末については以下の記事(https://r-zone.me/2016/01/aska.html)で確認いただきたいが、当時ASKAが覚せい剤を長期間、継続して使用していると陥ることがある「覚せい剤精神病」と呼ばれる病気になっていることが確認されている。

兎にも角にも1月のブログ騒動後、ASKAは4ヶ月の保護入院を余儀なくされる。そして出院後7月に再びASKAはブログを開設し、同時に音楽活動も再開する。
長期の保護入院で、医師の診察上でも回復したと認められた、と書いたASKAだが、ブログの頭より「覚せい剤精神病」が抜けきっていないことが見て取れる。

「7月14日にamebloで書いたブログが、今日になって、やっと検索に引っかかりました。6日経ってです。ありえません。実は、そんなことも予想して、その日のブログのソースコードをコピーしておいたのです。
そして、今日、そのブログのソースコードを調べてみたら、やはり書き直されていました。検索に引っかかるように書き直ししたのです。ここでの僕のブログを見た集団が、慌ててやったのでしょう。」


入院中は覚醒剤を使用出来なかったと思われるが、出院後再び薬物に手を出したのだろう。
だが「盗撮、盗聴、監視されている」と思う症状は、入院後も変わらなかった。