>  > 【スクープ】オービスがついに一般道に配置され"赤切符の制約"から解き放たれる証拠公開! そしてその裏にある真の意味
交通違反バカ一代・今井亮一が行く!

【スクープ】オービスがついに一般道に配置され"赤切符の制約"から解き放たれる証拠公開! そしてその裏にある真の意味

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オービスの歴史


1024imai_P1030897.JPG


 オービスの登場は1970年代の終わり頃。

 すぐにタクシーなど職業運転手の組合が「オービス裁判闘争」をやった。そのときの主張のひとつに肖像権の問題があった。警察が無断で国民の顔(肖像)を撮影していいのかと。

 1980年頃、裁判の判決が続々と出た。肖像権の問題については以下のような判断がなされた。
「悪質なスピード違反なら肖像権の侵害もやむを得ない」

 その頃からオービスはずっと、悪質なスピード違反、つまり飲酒や無免許と同じく「非反則行為」に当たるスピード違反だけを取り締まり続けてきたのである。

 昔のオービスにおける裁判闘争において、取り締まる側=警察はオービスでのスピード違反には「非反則行為=赤切符に限る」という制約を設けてられてきたというわけだ。

 以上を踏まえて、びっくりな話に入っていこう。