>  >  > 【閲覧注意】アイドルもナイスバディのデリヘル嬢も「出すモノ」は同じ!?
木曜の夜は、歓楽街の住人が見たニッポンのウラ「ラブホ従業員はミタ」第六十夜

【閲覧注意】アイドルもナイスバディのデリヘル嬢も「出すモノ」は同じ!?

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1020love1.jpg


 美魔女は笑いをこらえながら、「ガタイのいい紳士だけど、カ○ちゃんに似てた」と言うので、一同大喜び。職業柄、いろんなカップルさんを拝見しますが、すごい組み合わせです。

「そうきたか......」

「うらやましいー」

「どこの店のデリなんだろう」

「やっぱりエッチもゴージャスなのかな」

「何でもいいけど、スカト○だけはカンベンしてほしいです」

「あっ、大塚はまたそんな不吉なことを......」

 などと言っていたら、御退室されました。お掃除に行くと、ヤな予感は的中でした。

 浴室の床がたいへんなことになっているのです。

「大塚が余計なことを言うからだっ!」

 スズキ主任はお怒りというか八つ当たりモードです。

「え~? 私のせいですか......」

 こういう時は(めったにありませんが)、まずペーパータオルで「固形部分」を拾い、除菌ローションを吹きかけたペーパータオルで拭いてから、シャワーを流しながらスポンジで洗います。

「でも、さっきの美人のウン○なら、俺はむしろ嬉しいッス!」

 大学生のコマツくんが言いました。

「バカだなー。カ○ちゃんのかもしれないじゃないか!」

「いや、絶対に美人のです!」

「なんでわかるんだよ!」

 主任も学生相手にナニ言ってんのかって感じですが、ひとまずお掃除は気合を入れて終了いたしました。