>  > 山口祐二郎がプロ風俗客・ヒクソン☆高田さんに会ってきた
憂国我道会・山口祐二郎の「行動するチンチン」シリーズ

山口祐二郎がプロ風俗客・ヒクソン☆高田さんに会ってきた

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒクソン☆高田がヘルスでの本番嬢を語る


yamaguchiyujiro_20161002_07.jpg

写真はイメージです


──確かに本番禁止のヘルスでも、本番をして追加料金で稼いでる嬢はたくさんいますよね。私は多くのヘルス嬢からそういう話を聞いてきました。それ目当てでソープ(※8)じゃなくて、ヘルスに行く客もいるみたいですね。

ヒクソン ヘルス嬢と本番をして喜んでいる客はまだ甘いですね。僕は、ヘルス嬢に本番を仕掛けられたらブチ切れますよ。「失礼だろ!」「ふざけんな!」「帰る!」ってね。店員に「どういうことだ!」と怒ることもあります。

──そこはとても真面目なんですね。

ヒクソン だって余計な金払って、こっちが動きたくないですよ。君のテクニックを見せてみろってことです。

──ヒクソンさんがカリスマ風俗客と言われる理由が、少し分かった気がします。

ヒクソン 本番を仕掛けてきたヘルス嬢に、「何が本番だ! 手でやれ!」と叱ったこともあります。

──そういうヘルス嬢には、安易に本番をするのではない、ヘルス嬢としてのプロ意識を持って欲しいですね。

ヒクソン 本番を仕掛けてきたヘルス嬢には「馬鹿にするな!」って発狂しますよ僕は。「そういう客と一緒にするな!」「しっかりしろ!」ってね。

──ヒクソンさんのプライド、ストイックさ、優しさを感じる話ですね。


ヒクソン☆高田が風俗嬢を語る


yamaguchiyujiro_20161002_08.jpg

写真はイメージです


──ヒクソンさんのそういうエピソードを知ると、風俗嬢への思いやりを強く感じます。しかし、風俗嬢という職業は、現在の日本社会において理不尽に差別、偏見をされている状況があります。風俗嬢を見下したり、馬鹿にしたりする人もたくさんいます。私はそのことを残念だと思うし、とても憤ってきました。改善していこうと取り組んでもいます。そういう風俗嬢の晒されている悲しい状況については、ヒクソンさんはどうお考えでしょうか?

ヒクソン 僕も同感ですね。僕は風俗嬢を上に見ています。客は嬢を選べても、嬢は客を選べないですからね。客が常連さんだったらまだしも、新規だとどんな人が来るかも分からないわけですよ。不安だと思いますよ。

──マナーのなっていない嫌な客も来ますからね。風俗嬢に「何でこんな仕事してるんだ。親が悲しむぞ」とか、風俗に来ていながら説教するクソな人間とかもいるらしいですね。どの口が言ってるんだよと。風俗嬢に対して乏しめる発言をしたり、不潔な客もいます。酷いと、暴力行為、盗撮、本番強要、素股(※9)中に生で入れようとしたり、コンドームを隠れて取って生でしようとする奴なんかもいます。ストーカー行為をする人間も少なくありません。

ヒクソン それに今は、ヘルスでもホテヘルが主流だから、何かトラブルがあっても店舗型のヘルスと違って店員がすぐ駆けつけたりできないじゃないですか。恐いと思いますよ。そういった安全面もきちんとしていかなければならないです。

──カリスマ風俗客が、風俗嬢という職業をリスペクトし、客としてのマナーや、風俗嬢の安全面まで考えていることに私も敬意を表します。

ヒクソン 頑張って仕事をしている風俗嬢を、僕は尊敬してますからね。