>  > 謎だらけの24億円恐喝事件の真相を工藤明男のブログから解読する
話題のブログから

謎だらけの24億円恐喝事件の真相を工藤明男のブログから解読する

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真相はスケールの巨大な"弱い者イジメ"?


 そして、とうとう事件の構図を工藤氏は明らかにしてしまう。


ブログタイトル『淫ゴブ今度は24億恐喝だって』
2016-09-30 13:50:19

kudouakio_blog_20161001_05.jpg

工藤氏のブログより

内訳は以下。
M川7億
N瀬7億
K田10億

上記二人がすでに支払ったのかどうかはまだ確認がとれていないけど、K田は半年払いで最初の着金が今日30日。もう払っちゃったかなぁ。

ゴブリン得意の企業恐喝。

その背景にいるのがH原君。

ICFに続いてこのゴールデンパターン何回目?

1.ICF事件
2.見立君を支援名目の借金徴収
3.今回のDV淫行嵌めハメ(性行為)恐喝

恐喝の理由は例のごとくゴブリンが3人とその周辺者に得意の探偵をつけてテープレコーダーの会話を収録して、M川とM瀬が女性に被害届を出すことを促した証拠が取れたから。

K田はそれに関与しているか知っていてそれをゴブリンに言わなかったかは濁しているけど、ゴブリンに空港で待ち伏せされて捕まって泣き入れちゃったみたいだね。

性格的に気弱なK田がよくゴブリンと割れたと思ったけど、泣き入れるくらいなら最初から割れなきゃいいし、シンガポールに移住してるんだったらそのままバックレれば良いのにね。

僕ならあんなおデブちゃんぶん殴ってでも金なんて1円も払わないよ。

なんなら代わりにぶん殴ってやるから半分くれないかな?(笑)

というのは冗談で金なんて興味もないし、K田が金を払うかどうかも正直僕には関係のないことだ。

嵌めるのは良くないけど、しつこいようだけどハメ(性行為)たのはゴブリン。

女性に暴力を振るったのもゴブリン。

嵌めるのを知っていたのに、関係のない他の人にまでシラを切っていたのはK田も良くないかもしれないけど、女性ハメ(性行為)てる奴に正当性なんてあんのかね?

K田を庇う気も理由もないが、なぜ一度割れたゴブリンにK田が金を払うことをきめたのか?

つづく


ブログタイトル『ここで出てくるのがH原君。』
2016-09-30 15:53:04

kudouakio_blog_20161001_06.jpg

工藤氏のブログより

ゴブリンが六本木クラブ襲撃事件を機に見立君を支援するH原君と「表社会でやっていくから」という理由で距離を置いた。

それによってこれまで見立君やゴブリンを通じてH原君と付き合っていた人たちが、直接H原君と付き合うようになった。

まあそこにも皆が知らない利害関係が成立しているんだけどね。

見立君がゴブリンから借りた5億円の負債の残金3億5千万円があった。

H原君が見立君の下の人間から回収するということで、ゴブリンはH原君と距離を置き、H原君は回収の見返りを得て、見立君の下の後輩たちは見立君から解放されるって構図。

M瀬とM川がゴブリンを嵌めたのをK田も協力したのか知っていて黙っていたのかは曖昧なままだ。

いずれひせよ(ママ)他の二人は別としてH原君にケツを持ってもらっていたK田に関しては、一見、不良の世界としての正当性は通るように見える。

K田からしてみてもH原君が出てきてしまったら、「H原君にはお世話になったから」といって手切れ金として10億円を支払うのとを(ママ)諦めるのかもしれない。

けど、繰り返すけど、嵌めたにしてもゴブリンもハメ(性行為)たわけだから、不良の世界じゃH原君の言っている通り、本来は「あいつ(ゴブリン)の自業自得」なはず。

「だから俺を巻き込むな」

そうやって人を介して僕がH原君のことをブログで書くのをやめてほしいとお願いしてきたから、関係ないならいいやって思って「わかりましたー」って返事して削除したのに、H原君がまた話しに入ってくるのは僕との約束を反故にしてるのと同じだよね。

そこがまず納得できないんだよなぁ。

H原君ここで手を引かないと本当はしたくないけど、僕も本当に警察にリークするよ。

ブログタイトル『なんでH原君が動いたか?』
2016-09-30 18:15:16

kudouakio_blog_20161001_07.jpg

工藤氏のブログより

それは金騙された挙句暴行事件で逮捕までされているから金欲しかったんでしょ。

ここでまたゴブリンとH原君の利害関係が一致したってこと。

ゴブリンが取った金は半分H原君に上納される仕組みになっているからだ。

一見、不良の大義名分のような理由になっているけどただの金目当て。

関東連合や怒羅権の背景を使って散々堅気を苛めておいて、「表社会で生きる」とかやっぱりH原君とくっついてみたりとか、恋人みたいに好き勝手にやる分には構わないけど、利害関係が一致した途端に弱い者イジメして金を取るのはズルくね?

まあ100歩譲ってK田が払うのは勝手だけど、堅気の社長連中から取るのはただの弱い者イジメ以外のなにものでもないよね。

「だってM瀬やM川も俺(ゴブリン)をバっく(後ろ盾)で散々粋がっていたじゃん」

そんな言い分が返ってきそうだけど、堅気が街や飲み屋で粋がるのと、関東連合や怒羅権を背景に堅気をイジメるのとは全く意味が違う。

飲み屋で粋がる奴なんて世の中腐るほどいるけど、どう評価されるかは別にして夜の世界なんてそんなもんでしょ。


 そして工藤氏は、加害者と被害者すべての関係者に対して期限付きの最後通牒を突きつける。自らの非を悔い、行いをあらためない限り、決定的な事実を公開するというのである。


ブログタイトル『まとめ』
2016-09-30 22:15:16

・不良社会から見たゴブリンの恐喝の正当性。

K田のことを見捨てているんだし、ハメ(性行為)てDVしているのは既成事実だから正当性はありません。ただし、K田が不良社会の後ろ盾としてH原君を立てて来たことは事実だから、H原君にK田が義理を感じてケジメを取るのは勝手。

そうなると今度はH原君が僕に対して言っていた「あいつ(ゴブリン)は自業自得だけど俺は関係ない」って言葉に対しては矛盾が生じるよね。

まあ僕は不良じゃないから不良社会の正当性を主張するつもりはないけど、H原君が「関係ない」と言いながら、いざ金が取れるとなるとゴブリンの後ろ盾に立ち回って金を取る側に回るのは、ただの金欲しさにしかみえない。

このオンナを充てがわして(ママ)散々ハメ(性行為)てDVをしていたこととが不良社会の人たちからは見えていない。

・ゴブリンとH原君のいびつな利害関係

ゴブリンがその時期その時期に僕も含めて周りの者に散々愚痴ってきたのがH原君の気まぐれな性格と無責任さ。

それは見立君に関する「六本木クラブ襲撃事件」においても、散々かき混ぜるだけかき混ぜといて、「あの件はあいつ(見立)が悪い」と平然と言ってのけちゃうところからも明らか。

H原君がかき混ぜたことによってどれだけの人が不幸になったかは周知の事実。

しかし、ゴブリンとH原君は結局のところ金の利害関係で結びつく。

・ICF事件

・見立君のゴブリンに対する借金取り立て代行

・そして今回のK田、M瀬、M川に対する24億の恐喝

こういった関東連合や怒羅権を背景にして起こしてきた裏事情を不良社会の人たちが実は全然知らない。

・表社会から見たゴブリンとH原君の正当性

ある訳ないか。

それにしてもこれだけの金が動くんだから司直の手が届かなかったらどうにかしてるよね。

金払っている側もヤクザの企業舎弟と一緒で悪に加担しているんだから、ちゃんと被害を訴えないと少しずつ素性を公開していくよ。


 さらに、とうとうこの一件は、ほかの一般メディアにも嗅ぎつけられてしまう。


ブログタイトル『おっと。』
2016-10-01 15:04:11

こんな記事もあったのね。

タレントさん可哀想。

でもゴブリンの鈍感力ハンパじゃないからわからないか。

『りゅうちぇる周辺の"黒い疑惑"は想像以上にヤバい! 関係者が暴露「年末にかけて大きな動きがありそう』
http://tocana.jp/2016/09/post_11029_entry.htmlリンク


ブログタイトル『あらー、タレントさん可哀相に』
2016-10-02 15:35:35

どこまでめくれるのか分かりませんが、人気者だけに痛いネタですね


 この10月2日の記事を最後に、この件に関するブログ記事は止んでいる。もしかしたら、なんらかの圧力が工藤氏にかかっているのかもしれない。もしくは工藤氏と加害者(や被害者)とのあいだでなんらかの合意が得られたのかもしれない。工藤氏にこの件で取材を申し込んだのが、締め切りまでに回答は戻ってこなかった。

 この大型恐喝事件は、現在、どのような局面を迎え、そしてどのような結末を迎えるのだろうか。編集部では引き続きこの問題について追求を続けていく予定である。


出典元:元関東連合幹部・工藤明男オフィシャルブログ


(文/R-ZONE編集部)