>  > 【速報】高畑裕太容疑者の不起訴釈放のカラクリを元ヤクザ組長が解説
元四次団体組長・張恭市が緊急寄稿!!!

【速報】高畑裕太容疑者の不起訴釈放のカラクリを元ヤクザ組長が解説

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cho_20160911_01.jpg

wikipedeia前橋警察署より(リンク


 強姦致傷容疑で逮捕された俳優の高畑裕太(22)が9日午後2時20分過ぎ、群馬県の前橋署から不起訴処分で釈放された。

 今回の事件は親告罪によるもので、被害者が被害届を取り下げた以上、刑事事件として起訴されて公判維持することはできないので釈放となったのだろうけど、示談金はかなりの金額だったのだろうと予想する。

 母親の高畑淳子は、被害者に対して、果たしていくら示談金を支払うこととなったのか?

 逮捕から今日の不起訴による釈放までの、あまりにもスムーズ過ぎるこの流れに、今回の事件は仕組まれたものによる逮捕のように思えてきた。

 また、金を積めば不起訴処分となって晴れて自由の身となる事に対して、『地獄の沙汰も金次第』だとつくづく思わされた。

 金さえあれば有能な弁護士を頼めて、被害者の被害届を取り下げさせて、何事もなかったかのようにまた自由を謳歌できる。

 政治家、芸能人......金と権力がある奴等は、今までやってきた犯罪を公の場に出すことなく、闇に葬ってきた。

 これが司法国家、日本の姿なのだ。

 ほとぼりが覚めたら、何食わぬ顔でまたテレビに出演することになるんだろうな、高畑裕太。

 犯罪者に甘いからね、日本の芸能界って。




張 恭市
ちょう きょういち 元、某広域暴力団の三次団体幹部。四次団体組長。前科6犯。20代半ばから30代半ばの大半を、塀の中で過ごす。韓国人の父親、日本人の母親を持つハーフ。7年前に約20年所属していた組織から足を洗い、今は地元で数々の経営に携わり、東日本大震災後、復興支援のチャリティーイベント主催者、ボランティア活動、芸能界とのパイプを利用し、復興ライヴ興行等、幅広く活躍している。