>  >  > 深夜アニメ『91Days』の世界観が気になる
山下ユタカの「接触不良」!!! 第70回

深夜アニメ『91Days』の世界観が気になる

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yamashitayutaka_20160910_01.jpg


前回の続きの体で─と、云うわけでそのCMもよく流れる今期の深夜ア二メ"91Days"、なかなかの期待株だったのですが...全体的にちょいと背伸び感─つか、絵の雰囲気が世界観とズレてる気がするのはボキだけでせうか。

でも予想外の展開をし始めたし、作品にかける意気やヨシ!ってな印象も強く感じるのでおけ~...って、またまたエラソーに申し訳ない(苦笑)。しかしながらひとつだけ看過出来ぬコトが...!

概ね銃に対する造詣は間違ってないのだがちょいちょいシングルアクションの銃をハンマー起こさないで発砲しちゃうんだよな~、更に#2で主人公が暗殺仕掛ける際、ガバメントにタオル巻いて使用すると云う暴挙に!

問題点はイラスト見て下され。

しかしなんでだろ、ちゃんと銃器を描けてるトコロも多々あるのに...不思議。

あっ因みにシングルアクションの銃ってのは最初の1発はハンマー起こさないと撃てません(ちょと装弾の際にコック&ロックやデコッキングの話とかあるけどややこし~のでまたいずれ)、オートマチックなら排莢の際スライドに押されて...以下、何個目か前のファーストルパンのコラム参照。余談ですがルパンのワルサーP38はダブルアクション、ハンマーが寝たままでもトリガーひけばバーン(トリガー重いけど)!

と・まぁいろいろ横道逸れたけど、とわ云えやっぱし今期のアニメの中ではベルセルクと並んで面白いッス(ベルセルクの評価があがってる!)。



山下ユタカ プロフィール
1996年、『LOOSE』で第35回ちばてつや賞ヤング部門準大賞を受賞。
1998年、『週刊ヤングマガジン』(講談社)連載の『ノイローゼ・ダンシング』でプロマンガ家デビュー。
以来、数々の話題作、問題作を世に送り続けている。

コチラもチェック→山下ユタカ公式サイト[艱難辛過阿 獣道]
http://yamashitayutaka.com/