>  > 1日に215兆円消えた日―― イギリスってなんであんなにバカなの?
男猫の午前会議25時☆ 工藤明男×猫組長×渡邉哲也(ゲスト)①

1日に215兆円消えた日―― イギリスってなんであんなにバカなの?

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国暴走と欧州解体から始まる金融危機


neko_kudou_20160914_06.jpg

『戦争へ突入する世界 大激変する日本経済』刊/徳間書店

渡邉 去年の12月に出した『戦争へ突入する世界 大激変する日本経済』という本に、「中国暴走と欧州解体から始まる金融危機」という副題をつけたんですけど、一応その通りに進んでるですね。悪い方向に......

工藤 そうですね、悪い方向に全部当たっちゃいました。

渡邉 多分、こうならざるを得ない方向に進むんじゃないかと思っていたら、その通りに、事態がぜんぶ悪い方向へ進んでいったという感じです。トランプの大統領予備選勝利も予想してた通りだったし。結局民主主義の罠にはまっちゃってるっていう。

工藤 民主主義の罠?


taidan 1.jpg

工藤明男


猫組長 結局、貧乏人も金持ちも一票は一票で、それを調整してたのが、ある意味メディアだったんですよ。

渡邉 メディアがある程度、過激な意見などを抑えながら、世論バランスを調整してたんだけども、インターネットができたことによって、メディアの世論支配力、世論調整能力が落ちちゃった。だから、貧乏人の一票が強くマーケットに影響を与えるようになってしまったんですよね。そうすると民主主義なので、一票は一票で、貧しい人たちが増えると不満票でルサンチマン票になって、解体方向に進みやすい。

猫組長 国家の経済壊して自分の生活良くなるわけないじゃん。アホじゃねえの! 本当に迷惑だわ。1日に215兆円消えたんですよ世界中から。分かってねえよ英国民。

渡邉 RBSか。ロイヤルバンク・オブ・スコットランドが1日で3割下げましたね。日本だとストップ安かかりますけど。

猫組長 本当、酷い話だ。馬鹿なイギリス国民のせいで、1日に215兆円が消えたんだよ。これ、イギリス国内ってことじゃなくて、世界中が迷惑こうむってるんだから。みんなもっと怒っていい話だよな。


(構成/加藤青 イラスト/蛸山めがね)


渡邉哲也
作家・経済ジャーナリスト 貿易会社に勤務した後、独立。複数の企業運営などに携わる。大手掲示板での欧米経済、韓国経済などの評論が話題となり、2009年『本当にヤバイ!欧州経済』(彩図社)を出版、欧州危機を警告しベストセラーになる。内外の経済・政治情勢のリサーチや分析に定評があり、さまざまな政策立案の支援から、雑誌の企画・監修まで幅広く活動を行っている。近刊に『欧州壊滅 世界急変「英EU離脱」で始まる金融大破局の連鎖』『パナマ文書「タックスヘイブン狩り」の衝撃が世界と日本を襲う』(ともに徳間書店)など。twitterアカウントは‏@daitojimari

猫組長
神戸生まれ。若くして反社会組織に身を投じ、仕手戦やインサイダー取引を経験。タックスヘイブンにも複数会社を保有しており、現場に精通する。twitterアカウントは@nekokumicho

工藤明男
東京都生まれ。杉並区出身の関東連合元リーダー。IT・芸能の分野で活躍。経済界のみならず政界にも幅広い人脈をもっており、現在は複数の企業の筆頭株主として、主に投資と企業コンサルタントの仕事を行なっている。警察当局から関東連合の資金源と目されてきた。表舞台に顔を出したことはない。twitterアカウントは@kudouakio