>  > 元関東連合幹部・工藤明男の時事評論「神戸山口組二次団体の大幹部が処分された!?」
工藤明男コラム

元関東連合幹部・工藤明男の時事評論「神戸山口組二次団体の大幹部が処分された!?」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kudouakio_column_20160819_01.jpg

写真はイメージです


 ネットなどでも話題になっていたようですが、つい先頃、神戸山口組の有力団体が下部組織の幹部に対し、破門処分を下したようですね。

 少し前から、破門された幹部A氏が率いていた組織の若頭が同じ神戸山口組の二次組織に移籍したという噂が飛んでいましたが、実際のところはわかりません。

 ただ、今回の処分をめぐっては、その移籍騒動も「何らかの形で関係してる」という声もあるようです。

 聞くところによれば、A氏の組織というのが、元はあの竹中正久 四代目山口組組長が率いた竹中組の下部団体だったらしく、伝統のある組織だったと聞きます。

 それだけに、関係者のあいだで物議をかもす噂だったのかもしれません。

 ただ、今回は破門という処分が下されましたが、山口組分裂以降、「以前よりは処分のハードルが下げられている」(関係者談)という傾向があるそうです。

 要するに、多少のことでは処分されなくなった、ということです。しかも昨今はとくに、その傾向が強くなりつつあるのだとか。

 思うに、六代目山口組は神戸山口組側に、神戸山口組は六代目山口組側に、移籍されてしまっては困るという生臭い一面があるんでしょうね。




【工藤 明男 (くどう あきお) プロフィール】
東京都生まれ。作家。杉並区出身の関東連合元リーダー。IT・芸能の分野で活躍。経済界のみならず政界にも幅広い人脈をもっており、現在は複数の企業の筆頭株主として、主に投資と企業コンサルタントの仕事を行なっている。警察当局から関東連合の資金源と目されてきた。表舞台に顔を出したことはない。