>  > がんに大麻が効くって本当?

がんに大麻が効くって本当?

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療用として大麻を使用した末期がん患者

 先日7月26日神奈川県相模原で起こった陰惨な障害者施設襲撃事件。その犯人が大麻を使用していたという報道が大きく流れた。今年7月初めに行われた参議院選挙のときに「医療大麻の認可」を公約に掲げ注目された高樹沙耶氏や、「大麻の使用」を容認する発言を過去にブログで行った三宅洋平氏。彼らはこの事件で、どのような気持ちを抱いたのだろうか。

marijuana-1114713_1280.jpg

 大麻は日本では違法(大麻取締法:リンク)だが、ここ数年の間に各国で次々と大麻が合法化されている。そんな潮流の中、今年4月に、ある末期がん患者が大麻を自分で育てて使用し、症状を緩和させたのは違法だとする通称「山本医療大麻裁判」が行われた。被告は「それしか方法がない。助けて!」と裁判官に訴えたという。大麻を使用することで末期がんが良好な方向に進み、がんの基準値である腫瘍マーカーが大きく下がったのだそうだ。

【医療大麻裁判「それしか方法がない」「助けて」末期がん山本さん、裁判官にうったえる】(弁護士ドットコムニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160712-00004886-bengocom-soci


 そこで、万が一がんになって大麻を使用したい場合、実際にどうしたらいいのかを「NPO法人医療大麻を考える会」というところに問い合わせてみた。

──がんになったら大麻を使用したいと思っているのですが、こちらで何か教えてもらえることがあるんでしょうか?

「がんになったら海外で治療する病院もありますが、海外では自由化されている国もありますので、行けば一般的に使えるようになってます。行ってみて自分の良いやりかたでやるのが良いでしょう」

──こちらでは施設の紹介などはしてもらえないのでしょうか?

「そういうことは一切行っていません」

──「NPO法人医療大麻を考える会」とはどのような活動をしているのでしょうか?

「『大麻には医療効果があるので合法化してください』という運動をしています。資料はHPにいっぱいある。まずご覧になっていろんな情報を見てみてください」

 そう言われNPO法人医療大麻を考える会のHP(リンク)を見てみる。