>  > "最後の黒幕"と怖れられた男・朝堂院大覚がニッポンの闇をぶった斬る!!!③
達人に訊けスペシャル 朝堂院大覚ロングインタビュー

"最後の黒幕"と怖れられた男・朝堂院大覚がニッポンの闇をぶった斬る!!!③

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(一回目のインタビューはこちら リンク
(ニ回目のインタビューはこちら リンク


世界支配のための戦略とは


tyoudouin_03_01.jpg


──じゃあその、ユダヤ人、そのロスチャイルド家の人たちの目的っていうのは何なんですか? みんなを奴隷化して......、

朝堂院 世界支配やね。現在、金融支配はほぼ確立されておる。すると残りは政治的支配と軍事的支配。

──フム、さすがのオフショア帝国も軍隊は持ってないですよね。

朝堂院 ところが彼らには湯水のように使える金がある。多国籍軍と呼ばれるものがあるのは知っとるだろう? 国連のPKOとかに、各国から派遣される軍隊だな。しかし世界にはそれと同じか、もしくは上回る数の民間の軍隊というものがあるわけだ。会社組織の軍隊だよ。それが600社以上はある。

──いわゆる民間軍事会社。PMCと呼ばれるものですね。

朝堂院 そのPMC、民間軍事会社は誰の軍隊ですか? 奴らは金さえもらえればどの国とだって戦争するんだよ。つまりは千円札に描かれた通貨支配と一緒。もう政治支配も軍事支配も実質完成されつつある。これを私は警告し続けとるわけだ。ところがどいつももこいつもボーッとして。

──気づかないと?

朝堂院 そりゃそうだろう、政治家は金もらってるんだから。売国奴料だよ。小泉政権下で何が行われましたか? 小泉と竹中は何をした? 「金持って来い!」「ハイ、わかりました。郵政民営化して金を作ります」「労働者派遣法変えて金持っていきます」だ。

──なるほど。労働者派遣法変えれば人材派遣会社Pみたいなピンハネ会社が大儲けできる。若者はブラック企業にブチ込まれてタコ部屋状態で、安い賃金で過労死するまで働かされると。