>  > 山口祐二郎が東京都知事選を振り返る「今回のMVP候補者は誰だ!?」
ヘイトスピーチハンター山口祐二郎のひとりごと

山口祐二郎が東京都知事選を振り返る「今回のMVP候補者は誰だ!?」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小池百合子氏はこれから大変


yamaguchiyujiro_20160807_03.jpg

小池ゆりこオフィシャルサイト(リンク


 都知事選で圧勝した小池百合子氏。しかし、実はこれからが大変だ。なぜかといえば、都連は完全に納得いっていないからである。驚くべきことに都知事選後、都庁に初登庁した小池百合子氏を出迎えたのは、都議会自民党では総務会長ら2、3人だけらしい。しかも、「たまたまいた」と話していて記念の写真撮影も拒否。完全にバチバチ状態である。

 自民党都連は隙あらば小池百合子氏を引きずり降ろしたいだろう。自民党都連からは、同じ自民党所属であるにも関わらず、クーデターのように反旗を翻した小池百合子氏に対する処分を求める声が上がっている。けれども、小池百合子氏の除名や離党勧告などは見送られる見通しだという。都知事を決めたのは自民党都連ではなく、国民だ。そんなことをしたら、国民から強く批判されるだろう。

 そして野党も、小池百合子氏を政策面、思想面で極右だと厳しく批判をしている。だが、そんなことを言ったら民進党都連会長の松原仁氏は、日本会議メンバーでありバリバリの極右ではないか。野党共闘の政策とは真逆じゃないか。矛盾も大概にして頂きたい。いい加減にして欲しいものである。

 さらにはマスコミも小池百合子氏を狙っている。人間、叩けば誰しも1つぐらいホコリが出てくる。徹底的に身辺を調べられ、攻撃をされることは間違いない。スキャンダルにどれだけ耐えられるかも試されてくるだろう。けれども、小池百合子氏が都知事を辞めてしまうと、得票率2位の増田寛也氏がなるのではない。再び税金50億円という膨大な費用と手間をかけて都知事選挙をおこなわなければいけなくなるのだ。これも困ってしまう。

 小池百合子氏は四面楚歌であるが、舛添都知事のように1期で辞めてしまうのか。今回の都知事選で激しい妨害を撥ね退けて制した百戦錬磨の小池百合子氏だ。これから予想される数々の嫌がらせに対し、どう上手く立ち回るかが注目される。


ハグしまくりの七海ひろこ候補


yamaguchiyujiro_20160807_04.jpg

七海ひろこ公式サイト(リンク


 何だかドロドロしまくりの都知事選挙であったが、そんな中で癒し系の候補者といえば幸福実現党公認の七海ひろこ氏であろう。つい先月の参議院選挙では、幸福実現党から比例で出馬。幸福実現党党首の釈量子氏よりも多く票を獲得している。幸福実現党のエースとして、このたびの都知事選挙に挑んだわけだ。

 私は幸福の科学には水木しげるファンとしてもイタコ芸に腹が立ち賛成できないが、七海ひろこ氏のことは凄いと思った。それはなぜかというと、誤解されると嫌なので書くが政策ではないことは言っておく。「東京都の消費税5%特区」実現など、さらに地方に人がいなくなりそうな政策は支持できない。24時間ときめく都市構想とかも、ブラック企業みたいな忙しすぎる東京都になってしまいそうで心配だ。

 けれども、七海ひろこ氏の力はそんな穴だらけの政策をぶち壊す凄さだ。才色兼備を生かして、街頭演説では握手しまくり。独特の腰を低くした体勢で歩き回り次から次に握手をして駆け回る姿は、まさに鉄の足腰を誇るマラソン選手、鉄人アベベ・ビキラである。握手をされて票を入れてしまった方も少なくはないだろう。そして七海ひろこ氏の武器は、握手だけではない。何と必殺技のハグまであるのだ。七海ひろこ氏にハグをされて、大きな愛を感じたのかデレデレになってしまう人間が大量出現。潤んだ瞳で見つめられ「入れてね(票だと思われる)」と耳元で囁かれKOされた者は少なくないだろう。

 都知事選でも健闘をし、飛ぶ鳥を落とす勢いの七海ひろこ氏であるが、最近はとんでもないことが起こっている。タレントのテレンス・リー氏が、参院選に出馬していたトクマ幸福実現党候補の応援演説をし報酬を受け取った疑いで逮捕をされたのだ。これによって幸福実現党本部も家宅捜索をされている。私はハグもしていないし、票も入れていないが、七海ひろこ氏は今後が期待をされる逸材だけに今のまませは勿体無いなと思ってしまう。幸福実現党から抜けて、例えば自民党や民進党から出馬すれば当選確実だろう。まあ、そういうことが分からない?のも、七海ひろこ氏の魅力なのかもしれない。