>  > JKビジネス最後の砦...本物に出会える「JKカフェ」潜入レポート
R-ZONEアンダーグラウンド通信

JKビジネス最後の砦...本物に出会える「JKカフェ」潜入レポート

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は知らない人をフォローしている


 ある日、しばらく東南アジアの旅に出るということをその女の子に報告すると、彼女はこう言ってきた。

「スマホはもっていくでしょ? その旅のことをツイッターに書いてよ」

 僕はツイッターはやっていなかったのだが、その場ですぐにアカウントを作成した。すると、彼女は僕のスマホをとってなにか操作する。返してもらったスマホを見たら僕のまったく知らない人のアカウントをフォローしていた。

「誰これ?」

「私の知り合い。この人のツイートすごく面白いから読んでみて」

 いや、ぜんぜん興味ないんだけど......。

 そのときはそう思ったのだが、彼女のこの行為の意味はあとになってわかった。

 うちに帰ってから彼女が勝手にフォローした人のツイートを読んだ。そして、ふとその人のフォロワーを見てみると、その中に彼女の名前があった。もちろん、すぐにフォローした。

 彼女は「客とは連絡先の交換をしない」という店のルールを破ってはいない。

 僕が彼女のアカウントを勝手に見つけてフォローしただけだし、彼女もそれに対してフォロー返しをしていない。芸能人のアカウントをフォローしてもその芸能人と連絡先を交換したことにはならないのと同じである。しかし、これにより、僕は彼女とツイッター上でやりとりできるようになったわけだし、実際に今もやりとりをしている。

 ひとつ気がかりなのは、この「JKカフェ」というビジネスがいつまで続けられるかということである。『18歳未満に接待行為をさせること』も法的にはアウトである。接待行為の定義はあいまいだが、"特定の客に20分以上ついて談笑する"と該当するのではないかと言われている。女の子を15分で交代させ、午後10時以降は働かせなければセーフになるはずなのだが、最終的にその判断は警察に委ねられているのだ。

【風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律】(通称=風営法)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO122.html

 リアルなJKと仲良くなれるチャンスは今のうちだけなのかもしれない。

 0821JK _thum.jpg


(取材・文=小林ていじ)



こばやしていじ
主に東南アジアのあたりをうろうろと徘徊。特に意味もなくマレー半島を自転車で縦断したこともある。旅系の記事を書くことが多いが、電子書籍でメルヘンな恋愛小説も出している。ブログ「WANDERLUST」http://ameblo.jp/kobayashiteiji