>  > 関係者が声を潜める「六代目山口組の、まさかの情報戦」
シリーズ「山口組分裂の真相を追う」

関係者が声を潜める「六代目山口組の、まさかの情報戦」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

緊迫する定例会


hujiwara_20160708_01.jpg

写真はイメージです


 2016年5月31日、岡山県南区のマンション駐車場で起きた池田組若頭射殺事件。

 その首謀者は、警察によるその後の実行犯逮捕により弘道会だったことが判明したが、事件が起きた当初は、池田組が参加する神戸山口組も弘道会が所属する六代目山口組でも、誰が殺ったのか分からないという状況だった。

 分裂時から、六代目山口組内では、抗争事は弘道会が引き受けることになっていた。そんな経緯から六代目山口組内では、弘道会がやったのではないか?という見方が強かった。だが、弘道会の一部からは「あのシゴトは豪友会がやった」という声が出たというのである。

 豪友会(高知県高知市)は、四代目山口組時代には若頭を務めたほどの名門である。過去、山一抗争時に四代目山口組若頭であった豪友会会長は、一和会のヒットマンに殺害された。その後、山口組内で、六代目まで直系団体として続く名門である。現在の六代目豪友会会長は、たまたま本名に、六代目山口組の司組長と同じ「司」の文字が入っていたことから、執行部により改名をさせられ、現在は、別名の稼業名を用いている。

 六代目山口組内では、六代目発足当初から有力組織としての地位を築いており、六代目山口組分裂後、組員数が減少した六代目内では、山口組内の四国の要として重要な直系団体として存在していた。

 事情通によると、池田組若頭射殺事件後、「あれは豪友会がやった」と言ったのは弘道会の竹内会長だという。いったいどういうつもりでそんな発言をしたのだろうか?

 だが、この発言は、発言理由の解明よりも、その発言自体が六代目内部で大きな波紋をよんだという。

「だいたい、組の最高幹部たる者が、実行犯やその者が所属する団体名をたやすく口外すること自体がありえない話」(六代目山口組関係者)

 そして、6月5日に弘道会系組員が射殺事件の実行犯として逮捕されると、その翌日の6月6日に六代目山口組総本部で開かれた定例会では、豪友会会長が執行部と弘道会側に詰め寄ったという。

「『うちがやったと言いふらしているそうだが、昨日、弘道会系のもんが警察に自首したそうじゃないか。どういうことなんだ?』と詰め寄りましたが、それに対しての回答はなかったそうです。また執行部も豪友会に対しては、『真犯人が警察に捕まって疑いが晴れてよかったよな』程度でしかなかったといいます」(別の六代目山口組関係者)

 確かに、ヤクザをやり続けていれば、抗争で、ヒットマンをやることもあれば、逆に殺されてしまうこともある。そんな生き死にの世界に身を置いているがゆえに、お前が殺ったんだろと他者から疑われることも多い。疑われるだけでなく、時には、警察に逮捕されて取り調べをうけることも多い。どんなヤクザだって、うちのせいにされることについては、慣れっこな面もあるが、分裂後に警察から抗争認定された状況下で、豪友会がやったと六代目山口組内でも中心組織である弘道会から作為的に流されたことは、同じ六代目山口組の者としては大きなショックだったのではないか。

 
(取材/文 藤原良)




【ライター募集!!】
R-ZONEでは、ライターを募集いたします。ページ下段の「記事へのお問い合わせ」より、件名【ライター応募】として①得意ジャンル(いくつでも可。既成のジャンルを問いません)②執筆経験のある場合は、そのサンプル記事(紙、ニュースサイト、個人ブログetc媒体問わず)③地方・海外に住まわれている方はその地域、を記してご連絡ください。たくさんのご応募お待ちしております!