>  >  > マンガ『暗殺教室』は大傑作! ......ではアニメ版のほうはどうかと期待も膨らむわけで
山下ユタカの「接触不良」!!! 第61回

マンガ『暗殺教室』は大傑作! ......ではアニメ版のほうはどうかと期待も膨らむわけで

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yamashitayutaka_20160703_01.jpg

Illustrated by 山下ユタカ


結論から言えば「岸誠二監督にハズレなし!」


暗殺教室──最初にこれだけは云っておきますが断じてディスッてるワケでわない! 単に照れずに描ける口実が欲しかっただけなのだ(笑)!

と云うのもワタクシ、マンガ家やってるワリにジャンプものにハマッたこと一度もないんですわ。

ちょうどガキの頃が『リンかけ』(編集部注・『リングにかけろ』)とかの全盛期の時代でまわりはみんな夢中になってたけど、「ビカー! ドンガラガッシャーン」「ふっ......これでヤツも云々」「なっ、なにぃー!?」の世界が全然理解出来ず、それ以降まったく読まなくなっちゃって(ひとつだけ例外あり)幾星霜、でもちょと故あって最近この作品は1~3巻まで読む機会があったんですよね。

いや~面白い。ワタクシにはまったく出てこない発想──斬新でした。

そんな頃にアニメ化のニュース、監督はサンレッドのあの人ですと? そら~観ますよ1話も逃さずに!

んで感想、ホント面白かった~。でも! ワタクシがジャンプモノ苦手なもひとつの理由──やっぱし生き返るんだなー! それさえなけりゃあなあ......まぁEかジャンプの伝統みたいなモンだし、デスノートも確かその辺に異議唱えてましたよね? アニメしか知らんけど。

それと若年の刺客が皆中3って云う......いやいやディスってないですよ掛け値なしに面白かった! ラス前の回なんてグッときちゃったもん(照れ笑)

まぁそんなワケで、敢えて件(くだん)の甦り(よみがえり)シーンを描いてみまんた......やっぱしジャンプモノ描くの少しハズカシー(最初のイイワケに戻る笑)

それわそーと(以前描いといてなんだけど)同時に放映してた『カバネリ』って一体......う~むむむ。


TVアニメ『暗殺教室』は木曜深夜フジテレビ系列で放映中


yamashitayutaka_20160703_03.jpg

番組公式サイト(リンク

ある日突然、地球を爆破するという超生物が中学校の教室にやってきた。兵器でも殺せないその超生物の暗殺をまかされた椚ヶ丘中学校3年E組の生徒たちの運命やいかに!? 大人気アニメの第二期が満を持してスタート。今期こそ3-Eの生徒たちは殺せんせーを殺せるのか!?


山下ユタカ プロフィール
1996年、『LOOSE』で第35回ちばてつや賞ヤング部門準大賞を受賞。
1998年、『週刊ヤングマガジン』(講談社)連載の『ノイローゼ・ダンシング』でプロマンガ家デビュー。
以来、数々の話題作、問題作を世に送り続けている。

コチラもチェック→山下ユタカ公式サイト[艱難辛過阿 獣道]
http://yamashitayutaka.com/