>  >  > ワルサーP38の魅力を日本中の少年に植えつけた1stルパンを観るべし!
山下ユタカの「接触不良」!!! 第62回

ワルサーP38の魅力を日本中の少年に植えつけた1stルパンを観るべし!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yamashitayutaka_20160709_01.jpg

Illustrated by 山下ユタカ


1stルパン最高の名シーンの呼び声も高いあのシーンだが......


昨年の新シリーズを受けてのファーストルパン・久々の再放送(by TOKYO MX)なことは明らかですが......

いやぁやっぱ青ジャケルパンはEですなぁ前半も後半も。

以前このコラムでルパンの名悪役"パイカル"を描いた際、来週月曜(7月11日)の放送予定『タイムマシーンに気をつけろ!』にて登場する魔毛狂介についても少し触れたので、端っこにチョコッと描きつつ思うコトは──あの回ってあんな小芝居する必要あるか(笑)?って云うコト、まあそのユルさも後半の魅力のひとつなんですが。

ユルいと云ったら今回のイラストの、後半オープニングも飾る名シーン(カリ城の元ネタと云われる『7番目の橋が落ちるとき』が初出)、あれって当時のアニメ(70年代前半)では他に例を見ないくらいちゃんと銃がショートりコイルするとこまでえがいていてエラい感激したものですが、惜しむらくは左下の図・歯でスライドひいた後(文句なくカックE! ボキもマンガでマネした!)ハンマーが一緒に戻っちゃんですよね......、発砲の後も。

スライドする度ハンマーが起きるから自動拳銃なワケで、当時からブラウン管の前で悶絶してたっけなぁ。

まぁンなことより今観てもムチャクチャ面白い作品だし(前にも触れたけどホントは前半おおすみ版の方が好みでわある......個人的に)、なにより後半の演出は皆さんご存知のあのシトやらあのシトが辣腕?を振るうので(聴いたハナシでわイヤイヤだったなんて事実もあったみたいですが......まあまあ)、これからも欠かさず毎週観ませう! チャンネルわ決まったゼ!!! なんちて。


TVアニメ『ルパン三世(PART1)』はTOKYO MXにて毎週月曜18:30~放映


yamashitayutaka_20160709_03.jpg

番組公式サイト(リンク

国民的アニメ『ルパン三世』の原点がここにある。1971年に放映された伝説の第一シリーズがHDリマスターされた美しい映像で蘇る。今は亡き山田康雄さん(ルパン三世)、大塚周夫さん(石川五ェ門)、納谷悟朗さん(銭形警部)らを偲びつつ......



山下ユタカ プロフィール
1996年、『LOOSE』で第35回ちばてつや賞ヤング部門準大賞を受賞。
1998年、『週刊ヤングマガジン』(講談社)連載の『ノイローゼ・ダンシング』でプロマンガ家デビュー。
以来、数々の話題作、問題作を世に送り続けている。

コチラもチェック→山下ユタカ公式サイト[艱難辛過阿 獣道]
http://yamashitayutaka.com/