>  > 山口祐二郎が一刀両断「"ネットで人気"は選挙に影響0!? 参院選で見えたネットとリアルの温度差」
ヘイトスピーチハンター山口祐二郎のひとりごと

山口祐二郎が一刀両断「"ネットで人気"は選挙に影響0!? 参院選で見えたネットとリアルの温度差」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット上の評価と選挙への影響を分析する


yamaguchiyujiro_20160712_01.jpg

写真はイメージです


 現代日本はネット社会だ。みんなが持っている携帯電話はそうだし、会社でもパソコンがある職場がほとんどだろう。R-ZONEもそうだが、メディアも紙媒体だけでなくWEB媒体のものが増えてきた。今の日本社会において、ネットは切り離せない大切なツールだ。それと同時に、何かをして表に出る人間はネット上で叩かれる社会だ。とくに政治家や選挙候補者であればなおさらである。このたびの参議院議員選挙で見えた、ネット上の評価と選挙への影響を分析したい。


今回の選挙でいちばんバッシングされた男(?)の当落は




香山リカ氏のtwitterより


 まず、ネットで叩かれていた候補者といえば、民進党から比例で出馬した有田芳生氏だ。有田芳生氏といえば元ジャーナリストで、統一教会問題、オウム問題に体当たりで取り組んできた人物だ。最近ではヘイトスピーチ(差別扇動表現)の問題に現場で闘っていたのもあり、排外的なネット右翼(ネトウヨ)からの、ネット上でのバッシングは凄まじい。

 しかし、選挙結果は20万票越えで余裕の当選。ネトウヨの発言力がいかに現実に反映されないかが周知の事実となった。


「選挙フェスが熱すぎる件」が熱すぎなかった件


yamaguchiyujiro_20160712_02.jpg

映画『選挙フェス』公式サイト(リンク


 また、東京選挙区から無所属で出馬したミュージシャンの三宅洋平氏。選挙フェスと称し、街頭演説はまるでライブ。多くの聴衆が集まった。応援には、LUNA SEAでX JAPANのSUGIZO氏、俳優の窪塚洋介氏、山本太郎議員(生活の党)、格闘家の山本KID徳郁氏ら著名人が応援に駆けつけた。YOU TUBEの演説動画は60万再生回数を越え、現実でもネット上でも異様な盛り上がりを見せていた。

 けれども結果は落選。メディアの反響やネット上の影響が、いまいち票に反映されなかったのが印象的だった。


「テレビに出るくらいのひとだから信頼できます」


 今回の選挙で印象的だったのが、タレント議員の強さである。激戦となった東京選挙区でトップだったのだが元タレントの蓮舫民進党代表代行。また、自民党公認で出馬し初当選した元バレーボール選手の朝日健太郎氏。同じく自民党公認で比例で出馬した元『SPEED』の今井絵理子氏。いずれも知名度からだろうか、他候補にない強さを見せ付けた。

 今井絵理子氏などは、毎日新聞が候補者におこなったアンケートのすべてに無回答で批判を浴びた。それでも勝った。意外に政策や実行力は選挙で候補者に問われていないのかもしれない。