>  > 【吉報】みのもんたも大暴れ! チャイナタウン化激しい夜の銀座クラブは、只今ピンクサービス激戦区!
もっと夜遊び隊

【吉報】みのもんたも大暴れ! チャイナタウン化激しい夜の銀座クラブは、只今ピンクサービス激戦区!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

銀座は完全崩壊し、チャイナタウン化


 そして、客の方の利用料金はというと、いわゆる銀座料金よりも割安である。客たちにとっても、極端に高額でなく、銀座で飲めるとあれば、通ってしまう人もいる。

しかも、チャイナクラブのホステスちゃんたちは、資格外労働である語学留学生(学生ビザで就労はできない)や飛ばしビザ(レストラン就労のビザだがバリバリのホステス)などがほとんどで、つまり、若くてピチピチちゃんたちが勢ぞろいしていて、店外ムフフン♪サービスにも超積極的。

 つまり「本番穴埋め作業」込みである。

0624ginza3.jpg

しかも、中国から来た彼女たちにとっても日本の銀座はハイタウンのようで、それなりに容姿端麗な女たちが取り揃えられている。当局の摘発を警戒して、ふだんは、ホステスドレスではなく、ジーパン姿とかで店内で「たまたま来た客」のふりなんかをしている時もあるので彼女たちのビジネス精神はかなり本気だ。 昔ながらの店もまだあるが、今、夜の銀座で賑わっているのは間違いなくチャイナクラブなのである。

0624ginza4.jpg

着物姿の和尻姉さんは消え、プリップリのヒップが街を泳いでいる

 昼間は爆買い中国人に占領され、夜はチャイナクラブのムフフン♪ホステスちゃんたちに幅を利かされて、もはや日本の銀座の面影はもうなく、「銀座完全崩壊」という言葉が脳裏をよぎる。

 余談だが、先日も、指名しているホステスを他の客と取り合って、みのもんたが大暴れしていた。いくらお金持ちとはいえ、たかがホステスぐらいで、いい歳した大人が大暴れしてしまうことに、銀座のレベルダウンを痛感してならない。

 銀座を崩壊に導いたのは不景気のせいもあるが、たしなみがない客たちによってダウンしたところも大いにあるのかもしれない。


(取材/文=高田 真)


【ライター募集】
R-ZONEでは、ライターを募集いたします。ページ下段の「記事へのお問い合わせ」より、件名【ライター応募】として①得意ジャンル(いくつでも可。既成のジャンルを問いません)②執筆経験のある場合は、そのサンプル記事(紙、ニュースサイト、個人ブログetc媒体問わず)③地方・海外に住まわれている方はその地域、を記してご連絡ください。たくさんのご応募お待ちしております!