>  > 六本木ホステスのセックス価格大暴落中! その窓口「紹介制ベッドインクラブ」を探る
R-ZONEアンダーグラウンド通信

六本木ホステスのセックス価格大暴落中! その窓口「紹介制ベッドインクラブ」を探る

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実は古典的なホステスの副業


 ちなみに、日本国内の裏風俗通の方なら、このやり方に新しさを感じはしないだろう。今、密かに六本木に存在する「紹介制ベッドインクラブ」は、そもそも地方の学生街がある飲み屋のアルバイト女子大生ホステスたちの闇の副業だった。顔バレをふせぐため、届け出済みの正規デリヘル店や箱ヘル店に所属することなく、目利きの利く元締め女子大生ホステスを中心に友達たちで紹介制のモグリ売春をして夏休みの海外旅行費なんかを稼いでいた。

 こんな地方のやり方が、今、花の都・六本木の暗部で広まりつつある。それにしても、秘密のアルバイトにとってもくわしいKちゃんこそ、このグループのメンバーのひとりなんじゃないかと思われるが、それをKちゃんに確認すると「グループからの誘いはあった」とのこと。

 理屈からいくと、元締めのホステスに巡り合わなければ、このグループのホステスとベッドイン出来ないので、Kちゃんに「そのホステスはどこにいるの?」と聞いてみると「有名店だよ」とだけ教えてくれた。

有名店を舞台にして、いわゆるモグリビジネスが展開されているとなると有名店としてはいい恥さらしだが、昨今の客減状態のせいで、有名店ですら、なんでもいいから客を店に入れたいという過酷な状況になっているのだろうか?

 それにしても、六本木のホステスたちのお股価格が、ひと昔前の1/10の料金になっている事に、うれしさと悲しさのダブルパンチを喰らったような気持ちである......。

0618roppongi_thum.jpg


(取材/文: 筒ひとし)