>  > 六本木ホステスのセックス価格大暴落中! その窓口「紹介制ベッドインクラブ」を探る
R-ZONEアンダーグラウンド通信

六本木ホステスのセックス価格大暴落中! その窓口「紹介制ベッドインクラブ」を探る

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

客の身なりから、値踏みをする


0618roppongi2.jpg

それは値段交渉。彼女たちは、最低5万円というだけで、正確な料金や時間を決めてはいない。交渉のすべてをおこなう元締めホステスが客の身なりや飲み方を見定めて○○万円と値段を提示してくる。これは、できるだけ客から金をむしり取ろうというのではなく、本当は10万欲しいけど、いい人そうだし、そこまでは払えそうにないから5万円でもいいか、というディスカウント魂によるウェイトが大きい。

 昨今、女の質やサービス内容よりも料金が高いというだけで客がよりつかなくなってしまっているキャバクラや風俗店も多い。彼女たちはそうした客の本音を肌で感じている。そして、彼女たちは「客に合わせた値段設定」というものをひとりひとりの客に対しておこなって、「手堅く稼ぐ」のである。取れる客から取るのではなく、取れない客からも取るというスソノビジネス精神である。

 最低単価だと、5万円で六本木のホステスにぶち込めるのなら、ある意味、お得感があるような気もする。それにしても、ひと昔前なら、現金交渉50万円は下らなかった六本木のホステスたちが、今では5万円でヤれる時もあるのである。日本経済の底冷えを痛感せざるをえない。