>  > 「パンツ何色?」や殺害予告メールまで......"会いに行けるアイドル"がファンから受けた壮絶体験を告白
TVワイドショーななめ読み

「パンツ何色?」や殺害予告メールまで......"会いに行けるアイドル"がファンから受けた壮絶体験を告白

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストーカー化するファンへの恐怖

 アイドル活動をしていた20歳の女子大生・冨田真由さんがファンの男に刃物で刺されるという事件が発生し、アイドル業界に激震が走っている。5月24日放送の情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)では、冨田さんのように"会えるアイドル"として活動する女性たちを取材。現役アイドルが、ファンから受けた"殺害予告"などの実体験を語った。

 5月21日午後5時すぎ、冨田さんは東京都・小金井市のイベント会場入り口でファンの男に20か所以上刺され、意識不明の重体となった。警視庁小金井署は傷害の疑いで自称・岩埼友宏容疑者を現行犯逮捕し、その後の取り調べでは「殺すつもりだった」「以前、冨田さんにプレゼントを渡したが、送り返された」などと供述したことが報じられた。冨田さんは、かつてアイドルグループ・シークレットガールズに属し、現在はシンガーソングライターとして活動。今回の事件を受け、ネット上ではアイドルとファンの距離感や交流のあり方について議論が交わされている。

 24日の『スッキリ!!』には、3年ほど前にファンから"殺害予告"を受けたアイドルユニット・仮面女子の立花あんながインタビューに応じた。立花いわく、最初はブログにあるファンから「応援しているよ」といった普通のコメントが寄せられたそうだが、後に状況が一変。立花は「その方のブログを見たら、私の生写真に刃物のようなもので刺しているものを自分で(写真を)撮って掲載していたりとか」「怖くて泣きながら(マネージャーに)相談しました」と、恐怖体験を告白。