>  > THE OUTSIDER 39 ~熱戦リポートPart.4「次大会に新たな宣戦布告が!」
3・27「THE OUTSIDER 39」@ディファ有明 全24戦完全レビュー(第17試合~第23試合)

THE OUTSIDER 39 ~熱戦リポートPart.4「次大会に新たな宣戦布告が!」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全試合後、前田日明代表が今大会を振り返る


out39_00_maeda.jpg

──ランキングマッチでは佐野哲也選手がリングに上がり、7月にタイトルマッチという宣言がありましたが。

前田 やらした方がいいんじゃないですか。やっぱりね、やりたい事やらせた方がいいんですよ。あんまりそういう積極的な声が上がらない時は、事務局の方で指名試合をやらせます。チャンピオンベルトも最初の頃は作ったはいいんですけど、チャンピオンになったらそこがゴールだと思って、いつまでたってもタイトルマッチやろうとしない。「チャンピオンになったら年2回、必ずタイトルマッチをやる」と義務付けて今やらせてるんですけど。「タイトルマッチをやらなくちゃいけないんだ」と、ああいう風に上位と上位が盛り上がってやるのはいいんじゃないですか。

──「今回、OUTSIDERの柱になる選手が何人か見受けられた」という前田代表のコメントもありましたが、具体的にどの選手が目に付きましたか?

前田 あんまりね、こういう時に名前言出したくないんですよ。良くも悪くもその気になっちゃうんでね。みんながみんなじゃないですけど、それで何人か失敗してるんですよ。褒めちゃったために、出なくなったりとか練習しなくなったりとかあるんで。OUTSIDERに出る以前の私生活では「コイツは......」と言われてる人間たちが多いんで、嬉しいんだかわからないけどステータスみたいになっちゃうんですね。それはでも、大会を観続ければわかると思います

──今後の展開について何か。

前田 冒頭で言いましたように(朝倉)海選手が対抗戦で勝ったので、ROAD FCの中国大会に出ます。今、ROAD FCは中国のIT企業から金を引っ張って中国開催をものにして。そこに彼は出ていくんですね。あと、巌流島の方から「出したい」という話もあったんで出していきたいと思います。あと、2人の選手がパンクラスに出ていきますんで。

──OUTSIDER自体の展望については?

前田 OUTSIDER自体はこの8年やってきた繰り返しで、淡々と新しい選手の応募を待ち、実力の見合ったマッチメイクをしていきながら、その中でそれぞれ自分の中の課題に気が付いて「次に勝つためにはどうしたらいいか?」っていう場ですね。

──今回は女子の試合がありませんでしたけど、今年は女子の試合は?

前田 女子の試合も応募なんですよ。応募が多ければ組めますけど、なければ組めないっていう感じです。女子の選手がどれくらいいるか、イマイチわからないんですよ。横浜(文化体育館)とか大田区(総合体育館)みたいな大きなところでやる時はワッと10名近く応募が来るんですけど、ディファ大会の時はまちまちで応募があったりなかったりするんですね。


 波乱あり、希望ありの興行となったこの日のOUTSIDERだが、連続ドラマとして次回への期待を喚起させる重大な場面が散りばめられていたように思う。
 特に、近いうちに組まれるであろう「朝倉未来 vs Ryo」の一戦には要注目だ。ただでは終わらない気がする。