>  > THE OUTSIDER 39 ~熱戦リポートPart.4「次大会に新たな宣戦布告が!」
3・27「THE OUTSIDER 39」@ディファ有明 全24戦完全レビュー(第17試合~第23試合)

THE OUTSIDER 39 ~熱戦リポートPart.4「次大会に新たな宣戦布告が!」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


第21試合
GTA福岡  666FIXXER代表
ダグラス Douglas
 vs. 
シャイボーイ but ストロング
TAKU


out39_22_1.jpg

out39_22_2.jpg

out39_22_3.jpg

out39_22_4.jpg

out39_22_5.jpg

out39_22_6.jpg

out39_22_7.jpg

 ダグラスは契約体重を4kgオーバーしており、イエローカード2枚(減点2)を食らった状態で試合はスタート。

 ゴングが鳴ると、打撃を打ち合う両者。TAKUがダグラスをパンチで押してコーナーに詰め、グラウンドになると三角絞めを狙う。そして、そのまま腕十字に移行して一本勝ち!

 試合後、TAKUはマイクを握った。
「実は僕、朝倉未来と海の道場(禅道会)の先輩なんです。両方のベルトをもらうため、ランボルギーニ(ヨシノリ)選手と佐野(哲也)選手を倒していきたいと思います。前田さん、よろしくお願いします!」

out39_22_8.jpg

out39_22_9.jpg

●ダグラス(1R 2:43 腕ひしぎ十字固め)TAKU◯


第22試合
滋賀 オールラウンダーの新星
網藤雄太 Amifuji Yuuta
 vs. 
世界最強セキュリティ ALSOK浜松 総大将
大木 翔 Ohki Tsubasa


out39_24_1.jpg

out39_24_2.jpg

out39_24_3.jpg

out39_24_4.jpg

out39_24_5.jpg

out39_24_6.jpg

out39_24_7.jpg

out39_24_8.jpg

out39_24_9.jpg

out39_24_10.jpg

 70-75ランキング戦として組まれた、この一戦。2位の網藤と3位の大木による対決だ。大木は道着をまとったまま試合に臨む模様。

 ゴングが鳴り、テイクダウンを奪った大木は網藤にコツコツ打撃を下ろしていく。そのまま腕十字を狙う大木だが、これを外した網藤が上から打撃を打ち込む。

 スタンドになると、揉み合いながら大木が網藤を倒して、グラウンドで上の体勢になる。その後、スタンドに移行して1ラウンドが終了。

out39_24_11.jpg

out39_24_12a.jpg

out39_24_12.jpg

 2ラウンドが始まると、揉み合って両者倒れ、上の体勢になった大木が、なんと「袖車」を決めて一本勝ち! 結果、大木が2位に、網藤が3位となり、ランキングが変動している。

 試合後、大木がマイクを持った。
「今日の相手は、今までの相手で一番強かったです。あの選手に勝ったからには、チャンピオンの佐野選手に勝たないといけません!」
とリングサイドで観戦していた70-75チャンピオンの佐野哲也を挑発した。
 これを受け、ベルトを持ってリングに登場する佐野。
「僕と"殺し合いの試合"をしてください」(大木)
「結婚式控えているんで死ねないんで、それが終わってからでお願いします」(佐野)
「僕も新婚で同じ条件なんで、お願いします」(大木)
「了解。じゃあ7月に、佐野哲也と大木翔でタイトルマッチやらせていただきます」(佐野)

out39_24_13.jpg

out39_24_14.jpg

out39_24_15.jpg

●網藤雄太(2R 0:43 袖車)大木翔◯