>  > 日本で唯一!キャットファイト団体CPE15周年記念大会レポート1 入場者限定大会に潜入!そこで見たものは......
異次元スポーツニュース

日本で唯一!キャットファイト団体CPE15周年記念大会レポート1 入場者限定大会に潜入!そこで見たものは......

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

泥酔ファイターがあんなことやこんなことに!


また、この35人限定イベント恒例ともいえるのが、『お座敷キャットファイト』だ。これは、観客がリングに上がって観戦できる、少人数の大会ならではのもの。選手のロープブレイクはお客さんに膝枕をした時点で認めらるというルールがあり、闘いを目の前で見ることができるので『お座敷キャットファイト』と呼ばれている。

catd1-4.JPG

数十センチの眼前で楽しめる『お座敷キャットファイト』


今大会では2試合のお座敷キャットファイトが用意されたが、そのうちの1試合には去る3月末の大会で日本を去ったハズのミテ・ハダカラスがアッサリと再来日したのだ。(ミテ・ハダカラスの活躍は『オンナの本性ムキ出しで闘うキャットファイトを見てきた!』に詳細レポ)

catd1-5.JPG

電撃参戦したミテ・ハダカラス


しかもドリンキングマッチという、各ラウンド開始前、そしてロープブレイク毎に酒を飲まなくてはいけないルールの試合だ。

catd1-6.JPG

試合とともに酔いが回りだす


その結果、試合が進むほどに身体が紅潮し、言動も危うくなったミテ・ハダカラスがヘロヘロになりながらも奮闘。しかもメキシコ人のハズなのに、なぜか日本語を連発した挙句、レフェリーも巻き込んでの酒宴となりノーコンテストに......。ミテが顔以外にも酒癖の悪さを晒した結果となった。

catd1-7.JPG

対戦相手にかなり追い込まれる場面も