>  > 【アウトサイダー直前】前田日明、吠える!「本当の不良が出てこれなくなった理由」
R-ZONE独占インタビュー【前編】

【アウトサイダー直前】前田日明、吠える!「本当の不良が出てこれなくなった理由」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「OUTSIDERでは簡単に勝てない」と、本当の不良がびびって出てこれなくなっている?


0524maeda07.jpg

──前回の有明大会ではOUTSIDER初参戦の選手が多く、今回のトーナメントも同様に 初参戦選手が多いです。続々と新顔が増えている状況ですよね。OUTSIDERファンの間では「殺伐としてケンカ自慢が多く、成熟していない初期の雰囲気が好きだった」と言う声も多く、そのような空気が甦ってくるような時期に来ているのかなという気もするんですが、前田さんはそんなニーズについてどうお考えでしょうか?

前田 TSUTAYAで貸し出すDVDは、内容を見てセレクションした試合を入れてたんですよ。結果的に、レベルが高くなるんですよ。そういうのを観て、本当の不良はびびって出て来なくなっちゃったんですよ。

──あぁ、なるほど(笑)。

前田 でもね、実際に1試合目からメインまで観たら、(腕を闇雲にブン回して)こんな奴もいるし、鍛え込んでプロを目指してる奴もいるし、バラバラ、まちまちなんですよ。でも、7月から出すDVDはとりあえず全試合収録する。だけど、内容の悪い試合は最後のフィニッシュだけのダイジェストだけ。いい試合ほど、全部入る......っていうように方針を変えます。

──ということは、全試合をくまなく観ていると"荒くれ者"の試合もまだ残っている?

0524maeda10.jpg

前田 でも、「OUTSIDERには簡単には出れない。出ても、簡単には勝てない」って思われている。「地下格闘技」って言葉はあまり好きじゃないんですが、その手の大会の中ではレベルはナンバー1だと思われているんですね。実際、OUTSIDER上位陣のレベルは、アマチュアの中ではナンバー1でしょうね。多くの団体がアマチュア育成を目指して色んなことを始めましたけど、まだOUTSIDERの方が全然上ですね。

──アマチュアの底辺拡大という意味でも、今回の50~55 kg級トーナメントっていうのは意義があり、間口も広がることが期待されます。そういうことを意図されての企画でしょうか?

前田 はい、そうです。