>  > 【緊迫インタビュー後編#2】格闘王・前田日明、猛る!「RIZINのマッチメイクはド素人!」
R-ZONE独占インタビュー【後編】Part.2

【緊迫インタビュー後編#2】格闘王・前田日明、猛る!「RIZINのマッチメイクはド素人!」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RIZINのマッチメイクはド素人。山本アーセンは被害者だ


0524maeda07.jpg

──繰り返しますが、朝倉未来選手が「RIZIN」と口にしました。レベルという問題があるにせよ、もしふさわしいレベルに達した選手がいたならば、OUTSIDERとRIZINがビジネスとして話し合いの場を持つということは......

前田 (遮って)でね、RIZINのマッチメイクを見てると、ド素人なんですよ。選手も育たない、イベントも成功させられないような、ド素人のマッチメイクで運営しているんですよ。

──以前、前田さんは大晦日の山本アーセン選手のマッチメイク(総合デビュー戦で、ヒクソン・グレイシーの次男であるクロン・グレイシーと対戦)についても苦言を呈していましたが。

前田 なんで、あんなもったいないことするんだ!? って。本当に。アーセンなんて、ほんのちょっと時間をかければ、いきなり毛虫が蝶になるくらいに化けるのに。なんで、あんなことするのかなって。

──スタートダッシュが全く違っていましたよね。

0524maeda10.jpg

前田 逆に言うとグレイシー一族はその辺をわかってて、ヒクソンの息子にとっては滅茶苦茶いいカモですよ。100%勝てるんだけど、それでいて箔も格もあるし。

──グレイシーにとってアーセン選手は、名前があるし保険も効いてるという。

前田 保険が効いてる。最高の相手ですよ。親父は息子をどうやって育てたらいいか、ちゃんとわかってるんだよ。完全に、日本側のプロモーターの方が全然わかってない。ただ一人、RIZINで良かったのはRENAだけじゃない。

──彼女はすごかったですね!

前田 うん、RENAだけ(笑)。

──彼女、凄いですよねぇ(笑)。

前田 あの子、いいねえ。度胸があるね。スタミナもある。彼女、ちゃんと練習できてるよ。ちゃんと、ブロー・アップしても動ける体してる。

──昔から、「女子の方が根性がある」と言われていますが......

前田 日本社会は総じてだけど、特に会社組織は、新入社員に男の子と女の子がいて、女の子の方が根性あるんだよね。男は、一回怒鳴られたら終わりみたいな。女の子は泣きながらでも頑張る。



(取材/文=寺西ジャジューカ)


(明日、後編Part.3最終回に続く)