>  > 【緊迫インタビュー後編#1】格闘王・前田日明、憂う!「RIZINに出ても今の朝倉だったら勝てない。でも....」
R-ZONE独占インタビュー【後編】Part.1

【緊迫インタビュー後編#1】格闘王・前田日明、憂う!「RIZINに出ても今の朝倉だったら勝てない。でも....」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

──なるほど。

前田 で、今度は(朝倉)海の方が韓国のROAD FCの大会に出る。向こうが気を使って、対戦相手を何人か出してきたんですね。「これ、どうだ?」って提示してきたのが中国人で、打撃のスピードがあるんですよ。勝った試合、負けた試合、両方の映像を送ってきて。俺から見たら、結構面白い試合になりそうなんですよね。でも、海はびびっちゃって「これ、ちょっと難しいですね......」って感じなんですね。だから「プロになって、これくらいのレベルの相手に『やりたい』『やりたくない』とか言ってるんならOUTSIDERの中だけでやってる方がいいよ」って言ったんです。「プロになったらこういうのは当たり前で、これの連続だよ」って。負けた試合まで送ってきてるのに。対戦相手は、まだトップでも何でもないんですよ。向こうは向こうなりに考えてるんだけど、やっぱり「ある程度は面白い試合になってほしい」という部分で、打撃で打ち合って、上手く海がグラウンドに持って行き、展開があったら勝てるんじゃないかな?......ってところまで考えてマッチメイクしてくれた痕跡が見えるんですね。

──そこまでですか!

0524maeda02.jpg

前田 でも油断してると、打ち合いでやられちゃいますよ。朝倉兄弟の一番の得意芸は「カウンターを取る」だけど、逆にそれでやられますよ。でも負けたとしても、俺から見たらいい薬になるんですよ。で、勝ったら勝ったでも相当エラい目に遭うんで「プロは舐めてできないな」とわかり、もっと真剣になってくれるんかなっていうのもあるんですよね。いずれにしてもいいカードだったんで「これでびびってるんだったら、やめた方がいいよ」って言ったんです。





(明日、後編Part.2に続く)