>  > 【緊迫インタビュー後編#1】格闘王・前田日明、憂う!「RIZINに出ても今の朝倉だったら勝てない。でも....」
R-ZONE独占インタビュー【後編】Part.1

【緊迫インタビュー後編#1】格闘王・前田日明、憂う!「RIZINに出ても今の朝倉だったら勝てない。でも....」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RIZINの70kg級にスゴい外人がいる。でも、ウチの選手には"未来"がある


0524maeda03.jpg

──OUTSIDERの今後について伺いたいと思います。前回のディファ有明大会の試合前、朝倉未来選手に色々と質問をし、今後の目標について聞いてみたんですが、はっきりと「日本の地上波に出て、スターになりたい。RIZINに出たい」と口にしていました。しかも「転々とするのは好きじゃないから"OUTSIDER代表"として出たい」と仰っていましたが......

前田日明(以下、前田) (遮って)彼に関して言えることは、プロをちょっと甘く見てるところがあるんですね。素質は、たしかにあるんですよ。あるんだけど、基礎体力という部分で言うとブロー・アップ(息切れ、スタミナ切れの意)したら動かない体なんですよ。パーン! と打たれて意識が飛んじゃうと、動けないんですよ。で、こないだスカパーでやってるRIZINの試合をたまたま観たら、ちょうど70kg級に外人でスゴいの(ダロン・クルックシャンク)が出てたじゃないですか。日本人選手をボコボコにしていた奴。もう、スピードとパワーが全然違いますよね。アレといつマッチメイクされるかわからないですよ。

──もしRIZINに出たら、そうですよね。

前田 1~2回勝ったら、もうたぶんアレですよ。今の朝倉未来だったら、勝てないです。でも磨き上げていったらどうかと言ったら、未来の方が"未来"があります。まだ、本人がそれに気が付いてないんですね。本当は、もっとRyoのように一から積み直す作業をしないとダメなんですね。