>  > アイドル界のドン・秋元康と日本のネオフィクサー・見城徹が仕掛けた新事業「ブランジスタ社」の株価の異常性
公正取引を見守り隊

アイドル界のドン・秋元康と日本のネオフィクサー・見城徹が仕掛けた新事業「ブランジスタ社」の株価の異常性

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋元氏と見城氏に踊らされる市場

 ゲームの出来については現状一切開示されていないが、「サービスインする1ヶ月前に詳細発表」とQ&Aで述べており、また今月の27日にゲーム全容を発表するということでリリース間近なのは確かだ。

 現状このゲームがアタルのかハズレるのかは情報が少なすぎて全く見えないが、秋元氏の名前と芸能コンテンツのくだりに対する期待から株価が高騰したのは間違いない。

 ゲームを取り巻くマーケットに詳しいジャーナリストのA氏によると、
「(ここまでの)流れを見てもらえばわかると思うが、株式会社ブランジスタの上場はこの急騰を見越したものだと考えるのは穿ち過ぎではないのかも知れませんね」ということだ。

 そこで筆者は今回の件でブランジスタのIR(投資家向け広報)担当者に電話で話を伺うことにした。

――株価の株価の変動は予想していましたか
ブランジスタ(以下ブラ):ノーコメントでお願いします

――今回の値動きで発表を早める予定はありますか
ブラ:社内で検討しましたが、現在その予定はありません

――27日のゲーム全容の発表では、再び株価が上がることは予想されていますか
ブラ:株価は市場の動きなので申し上げることは出来ません

――「神の手」全容はゲーム業界が湧くような内容でしょうか
ブラ:皆様が十分に盛り上がる出来だと思っております

――株主からの問い合わせ等の状況はどうですか
ブラ:問い合わせ件数については若干増えております

 IR担当者は、市場の動きについては会社でどうこうすることはないとして、株価については明確な解答はなかった。しかし株価変動について意識はしているということで、ゲーム内容についても十分に自信を見せていた。

 市場関係者によると「秋元氏と見城氏のふたりはゲーム制作については素人だという話はある。それは当然だが、制作に当たっては実績のあるゲームクリエイターを社に招き入れていることは想像にかたくない」ともいう。

 ビッグネームによる作品というだけでなく、ゲーム内容にも市場は期待を寄せているのだ。