>  > 東京ピカレスク~闇社会に君臨するピカロ(悪漢)~ 第10回
東京ピカレスク

東京ピカレスク~闇社会に君臨するピカロ(悪漢)~ 第10回

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載第10回 人気タレントVSピカロその4


文/三井裕二・監修/坂本敏也・構成/影野臣直

これは実在するひとりの男の転落と更生の物語である。

tokyopica10-1.jpg

前回までのあらすじ
三井裕二(みつい ゆうじ)は、ヤンキータレント 小松崎愛の高級車を回収するべく駐車場へと向かったが、そこで彼女の親衛隊に囲まれてしまった。なんとかその包囲網を突破しようとするのだが......


「ほら、ガキども!そこをどけ!」


菊池たちのうしろから現れたのは、なんと鍵師の関内のオヤジだった。
関内のオヤジはオタクたちを睨み、堂々たる態度でオレたちの方に向かってくる。

(な、なんなんだ、このオヤジは......)

合鍵屋の店主にしては、あまりにも迫力がありすぎる。昔は、さぞかし名のあるピカロ(=悪漢)だったのかもしれない。

「牧川社長!あったよ、あった!これだろ!」
関内のオヤジの手には、ぶあつい封筒が握られている。

のちに知ったことだが、万が一、駐車場の管理会社や警察などがきたときの用心のため、牧川は関内のオヤジに忘れ物を取りにいってもらっていたのだ。
さすが、いくどとなく修羅場をくぐってきた、キレ者の牧川らしい差配であった。

「おぉ、おやっさん!ありがとう!」
牧川は、待ってましたとばかりに運転席からでた。
関内のオヤジを阻むはずのオタクたちの群れが、モーゼの十戒ように真っ二つに割れている

「ほい、事務所に忘れてきた書類だ」
関内のオヤジは、封筒を牧川に渡した。

牧川は唖然と見ている菊池たちを尻目に、関内から受けとった封筒をゆっくりと開ける。

中には、なにやら書類が入っていた。
書類にサッと目を通した牧川は、ニヤリと不敵な笑みを浮かべた。

「やい、テメェら!これを、見ろ!」
牧川はオタクたちをかきわけて、菊池の前に立った。

「な、なんなんだよぉ」
菊池は、不安そうにつぶやいた。牧川は、再びニヤッと笑った。

不安は人を饒舌にする。

「なんだよ、ボクになんかようか。ここから帰せといっても、帰らせないぞ。特に、ボクは愛ちゃんの親衛隊の隊長だ。たとえ殺されても、ここから動かないぞ」
心なしか、菊池の声が震えている。菊池の前で、牧川はまた怪しげな笑みを浮かべた。

「な、なんだ。ヘラヘラしやがって......」
菊池がいうや否や、牧川は手に持っていた書類で彼の頭を叩(はた)いた。


「イテっ!」


菊池は大げさに叫んだ。
殴られたからなのか、菊池の顔面は蒼白になっている。

さらに牧川は、菊池の胸ぐらをつかんで吠えた。

「おい、隊長さんよぉ。テメェさっき、この件は社長とオレたちの問題だ、っていってたな。やい、これを見ろ」
牧川は菊池を突き飛ばし、転んだ菊池に向かって書類を投げつけた。

「な、なにすんだよぉ......」
菊池は顔を強ばらせ、ボソッとつぶやいた。

「隊長さんよぉ。その書類を、よ~く見てみろ」
牧川はさっきとは打って変わり、静かな口調でいった。
菊池は薄明かりの中、言われた通り書類に目を通している。菊池の周囲のファンクラブの連中たちも、彼の肩越しに書類を見ていた。


「それは、な。小松崎愛の戸籍謄本だ」


牧川はポツリといった。

「えぇ!」
 一瞬、オタクたちの間からどよめきが起こった。

「小松崎愛こと小松崎花子は、所属するプロダクションの社長・小田寿男(おだとしお)の子だ」