>  > いまが不景気かどうかなんかわかんない ずっと売れて来たから
歌舞伎町No,1キャバ嬢【桜井野の花】スペシャルロングインタビューPART1

いまが不景気かどうかなんかわかんない ずっと売れて来たから

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日から4回にわたって新宿、歌舞伎町のNo.1キャバ嬢・桜井野の花さんのインタビューをお送りします。新宿のオモテもウラも知り尽くした王女様が語る世相、夜遊び、そしてオトコの話題まで!? 必読の連続インタビュー集スタートです!


熱しやすく、冷めやすいタイプなんです


sakurainonoka_20160420_01.jpg

Photo by 中筋純

──最近の歌舞伎町はどうですか?

桜井 『このご時世~』って言葉を聞くたびに、衰退してるんだなって思います。

──どういう意味ですか?

桜井 不景気だ不景気だって言われてたけど、自分の売り上げはずっと右肩上がりで来たので、比べる対象がわからないんですよ。

どれくらい稼いだらすごいのかとか、どれくらい売ったら歌舞伎町では売れっ子って言えるのかとか、自分は歌舞伎町の中でどのレベルなのかとか、全然わかんない。私は、このお店のことしか知らない。

でも、お客様から『このご時世、こんなにもらってるのか』とか、『このご時世、これだけ売り上げ出してるのか』とか、お客様の口から"このご時世"って言葉を聞いたときには、やっぱり衰退してるんだなっていうふうには思いますね。

たとえば平月、なんでもない月、バースディでもない月に『1000万円売るような子が昔はゴロゴロいた』って30歳越えの女の子とかから聞くし、すげえデブですげえブスの子なのに、『昔は月に300万くらい売り上げて、100万以上もらってた』とか言う子もいるし(笑)、そういうのを見ると、ああ昔はよかったんだろうなって思います。このレベルでも稼げたんだなって(笑)。

それで勘違いしちゃって、プライドだけ大きくなっちゃって、いまだにキャバクラ嬢やってる人、歌舞伎町には結構いますよ。

たぶん、いまの歌舞伎町には金持ちはこないんですよ。ちょいちょい芸能人の方もいらっしゃいますけど、だいたい六本木の人が連れてきますね。新宿が、『たまには新宿でも行くか』っていう街になっちゃった。

──どうして新宿のキャバを選んで働き出したんですか?


sakurainonoka_20160420_02.jpg

Photo by 中筋純

桜井 好きな男の子が歌舞伎町で働いてたのがきっかけです。

──もしかしてホストですか?

桜井 はい(笑)。そのあとはコロコロ変わるんですけど。熱しやすく、冷めやすいタイプなので(笑)。

ホストとキャバ嬢ってワンセットなんですよ。昔は苗字を一緒にしたりするのが流行ったんですよ。苗字を一緒にして、『あれ、こいつら付き合ってるの?』みたいな(笑)。そういう頭の悪そうな理由でキャバはじめました(笑)。バカなんですよ。

でも、わたしがここまで頑張れたのは、彼のおかげです。

──その彼とは付き合ったんですか?

桜井 いいえ。キッパリはねのけられました(笑)。ホストクラブに行っても、お店に入れてくれないんですよ。

たとえば、その店の料金が5万円だとしたら、『5万くらいでコイツの顔見なくちゃいけないんだったら、もう金なんていらね』って思われちゃったんでしょうね。出禁(笑)。

私、すごいそれがくやしくて、だから絶対にコイツよりも売れて有名になってやる!って決めたんです。同じ街なので、有名になれば耳に入るじゃないですか。絶対、そこまで行って悔しがらせてやるって。

『新宿には桜井野の花っていう、すごい有名なキャバ嬢がいるね』って彼の耳に入れたくて。それで頑張ってこれた面もあります。


撮影協力/BAR ROYCE(ロイズ) 東京都新宿区歌舞伎町2-23-11第二和幸ビル2F 取材日時/2015年12月15日

(明日更新分に続く!)

こちらもチェック
桜井野の花twitter https://twitter.com/nonoka9148
桜井野の花Instagram https://www.instagram.com/nonoka9148/?hl=ja